2018年08月07日

温かさと深さのある生き方をする・・・

年長者の人達は、勇気を持って若い人たちに提言を続けていただきたいものです。


他者を寄せ付けないような、心の狭い老人にはならないように気をつけたいものです。


若い人たちが自主的に気づき、行動がおこせるように、上手に導き促す工夫が必要です。


何歳になっても、異なる世代の人々と積極的にコミュニケーションを図りながら、大きな心であらゆる境遇の人を理解しようと努めましょう。


そして、温かくやわらかに教え導く。


そんな、温かさと深さのある生き方をしてゆく年長者を目指しましょう。

2018年08月06日

「足りない」という考えから離れる

私たちの多くが共通に持っている「支える思考」のひとつは、「足りない」という思考です。




お金が充分じゃない。愛が充分じゃない。食べ物が充分じゃない。衣服が、住まいが、時間が、良いアイデアが、何よりも活動するのに自分自身が充分じゃない。




この「支える思考」のせいで、私たちは「足りない」ものを獲得しようと、あらゆる戦略を弄します。望むものが何であろうと、みんなに行きわたるだけ充分にあるとわかっていれば、解決するのに。




「足りない」という考えを離れ、充分過ぎるほど豊富にあることに気づきましょう。


「足りない」という考えが多くのものをそうさせています。

2018年08月05日

あらゆる現象・出来事・状況は中立です

ひとつの現象や出来事には、「プラス」も「マイナス」もありません。




しかし、「感謝の心」を意識しはじめた人は、「普通の出来事」にさえ幸せを感じられるようになります。




そして、そのような人は「一般的に不幸」といわれるような現象(状況)に対しても、「幸せととらえる」ようになります。




その結果として「たくさんの幸せが降ってきている」ように感じることができます。

あらゆる現象・出来事・状況は中立です

ひとつの現象や出来事には、「プラス」も「マイナス」もありません。




しかし、「感謝の心」を意識しはじめた人は、「普通の出来事」にさえ幸せを感じられるようになります。




そして、そのような人は「一般的に不幸」といわれるような現象(状況)に対しても、「幸せととらえる」ようになります。




その結果として「たくさんの幸せが降ってきている」ように感じることができます。

2018年08月04日

すべてをありのままに受け入れる・・・・


私たちの悩みや苦悩は、私たちの中にある狭い価値観や好き嫌いの感情によって生まれているのかもしれません。

自分の思うような人であれば受け入れる、好きになる。

自分の思うような人でなければ受け入れない、嫌いになる。

という選び方をしている限り、私たちは悩みや苦悩から抜け出すことはできません。

日常の中で大切なことは、目の前にいる人・こと・ものを好き嫌いで分ける訓練ではなく、すべてをありのままに受け入れる訓練をしていくことではないでしょうか。

どういう状態であっても愛し続けることです。