2016年07月08日

運は自分持ち

不思議なもので、成功した人は「運がよかった」といい、成功しなかった人は「運が悪かった」とこぼすものです。

何が「幸運」で何が「不運」なのでしょう。

運のよい人は、「おかげ」を知り、不運の人は「他の原因」にします。
この違いはどこから生まれてくるのでしょうか。

運に恵まれた人は努力を惜しまなかった人であり、運に見離された人は、自らあきらめた人です。

運命は自分持ちなのです。

2016年07月07日

ただ受け入れる

ただそうであるだけの個人自我を、ただそのまま無条件に受け入れてください。

「悲しい」 「辛い」、それはデータがあるだけです。どちらもデータに反応する個人自我を見たかっただけです。それを無条件に受け入れないから終わらないのです。

この受け入れが充分になされることが大切です。

理想を捨ててみましょう。

人格だけでなく、今の状態や状況にも「特定の価値観」を持たないことです。

人格や現状は有限のものとしてとらえ、単なる瞬間瞬間の体験なのだと認識しましょう。

人は特定の価値観に縛られれば縛られるほど、苦しみ、葛藤が多くなります。心理的な痛みは、完全に受け入れることによってのみ終結します。

日々毎瞬、特定の理想を持たないことによって、その瞬間における、宇宙が示す「特定の理想」を知ることができます。

それなのに、私たちの「頭」が、過去の特定の理想とやらを(つまり古い観念を)「今ここ」に持ち運ぶことで、あなたは「今」の理想を逃しているのです。

「かくあるべし」「こうあるべき」、それらは「たわごと」なのです。

実は宇宙には、正しさも理想もありません。ただ受け入れればいいのです。

2016年07月06日

「おかげさまで」という受け止め方ができるように

本当は、待ち望んでいたことがやって来た時よりも、困ることがやってきた時に、人間は真の人間になれるものです。賢くなり成長できるものです。

人の世には悲しみを通さないと、見せていただけない世界があるものです。

みなさんも、いろいろな悩み、苦しみ、心配ごとを持っておられるかもわかりませんが、そのことを経験した「おかげさまで」というような受け止め方ができるようになれると、そのことを通して、人は深みや優しさが増し人間性が高まってゆくのです。

病気や災難も、その人を一層成長させる神の恩寵なのです。世の中には、「絶対損失」となるものはありません。

2016年07月05日

すべての思考から距離をとる・・・「思い込み」に振り回されない

頭や信念や一般常識・社会通念などを信用し過ぎないようにしましょう。すべての思考から距離をとってください。

あなたが、今、百パーセント幸せでないなら、まずあなたは、あなたの思考や思い込みを疑うべきです。

あなたが苦しむのは、あなたの思考によってです。あなたが不安なのは、あなたの考えによってです。あなたが悲しく辛いのは、あなたの思いによってです。あなたがそれらの思考を握りしめているだけなのです。

ほとんどの頭の思考は、他人の考えの寄せ集めです。あなたがそれを信じて、その物差しですべてを解釈するとき、狭い領域の部分的な見方にばかり片寄ってしまうことになるでしょう。

状況は、いつも「ただそうあるだけ」です。

2016年07月04日

お金のこと・・・「引き寄せの法則」のこと・・・

私たちは無意識に「お金がなければ大変なことになる」と思い込んでいます。

本当に自由になるためには「お金がなければ人生がダメになる」という思い込み、洗脳を解く必要があります。

私たちが欲しいのは、お金自体ではなく、お金に付随するものが欲しいだけです。
例えば、安心感、自由感覚、権力意識、富裕意識、満足感覚、虚栄心などです。

家賃、教育費、ローンなどなど、「〜を体験したい」「〜に行きたい」など、ついついお金に結び付けて考えがちですが、お金を経由しないで直接願えばいいのです。ダイレクトにお願いすればいいのです。

体験したい内容、生きたい場所、などのように選択して意図すればいいのです。

お金はあくまでも媒体で脇役です。ちゃんとほしい「主人公」を明確に意図(頭の中に明確に思い描く)してください。できるだけダイレクトに願望の的(まと)をハッキリ認識しておくと引き寄せはスムーズに働きます。