2018年08月29日

判断基準は変わっていく・・・

「こうあるべき」という判断基準は「絶対」ではありません。

時代や地域、自分の精神レベル、違う向きから見るとまったく違う解釈があります。

「正しさ」の基準も変わります。

枠のない宇宙から見たら、今の自分が考える「こうするべき」は、今の自分の枠の範囲内の判断であり、すべての次元に通用するわけではない、ということを常に認識しておきましょう。

2018年08月28日

マイナスのエネルギーを一切作らないために

マイナスのエネルギーを一切つくらないために


1、不平、不満、愚痴,泣き言、文句、悪口を言わない。

2、批判、言い訳、弁解はしない。

3、後悔しない。

4、正論の押し付けはしない。
「この考え方は素晴らしいから、あなたもそうしないとダメ」とか「絶対にこうすべき」とか。

5、あらゆる否定的なコメントをしない。
「こんな問題は解決できない」とか「絶望的な状況になった」とか「絶対に間違っていると思う」とか。

6、未来への根拠のない不安を持たない。勝手な思い込みをしない。

7、自分を下げる行き過ぎた表現をしない。
「自分の意見なんてたいしたことありませんが・・」とか「私なんて取るに足りない者ですが・・・」とか。

8、ほめられた時に、それを否定する言葉を言わない。

9、、世間で流れているその人の噂や、「あの人がこう言っていた」というような、マイナスの情報を伝えない。


思いや言葉は、全部自分に返ってくるので、自分が言われてうれしい言葉、望む状態の言葉だけを口にして、望んでいないことはたとえ冗談でも口にするのを避けることが肝要です。

2018年08月27日

許してあげよう・・・

自分の幸福を壊すのは、自分に悪いことをした「嫌な人々」ではありません。
それは、悪いことを忘れないでいつまでも恨み続ける「自分の心」なのです。

あなたを攻撃したり意地悪をした人も、やりたくてやったわけではなくて、ただまだ未熟で真理がわからなかったから過ちを犯したのだと思いましょう。

この世には精神レベルの低い人高い人。未熟な人、成熟した人達が一緒に暮らし相互に学習できるようになっています。

相手に仕返しをすることでは、決して幸福は得られません。

子供が何か過ちをしでかしても、許してあげられるように、人を恨むのではなく、許してあげるのが賢い生き方です。

2018年08月26日

そのままに観る・・・

世間のものごとに触れても、心が動揺しないこと。

憂いがなく、汚れがなく、安らかであること。

これが最上の吉祥です。

人も勉強をし、経験を重ねると何が起こっても動揺しないで平安でいられるようになります。

すべては見方、とらえ方次第。

すべてのことは良い方に肯定的に解釈すれば、すべてよい方へ向かいます。

あらゆることに、正邪、善悪、上下、大小、優劣、勝敗はありません。

2018年08月25日

今日死んでも大丈夫か!

人は必ず死にます。

そして、いつ死ぬのかわかりません。

今日かもしれません。明日かもしれません。

「今日、死んでも大丈夫か」と、いつも念じて暮らしていると、平安な生き方ができるようになります。

「いま死ぬかもしれない」と思うと、ものを集めたり、人と争う気持ちはなくなります。