2017年01月21日

自我(エゴ)がなくなると天国のような状態でいられる

頭痛がすると、あなたは頭を感じます。もし、頭痛が全部消えると、あなたの頭も消えます。
あなたが病気の時、あなたは身体を感じます。あなたが健康な時、あなたは身体を感じません。完全に健康な時は身体が無いように感じます。あなたは身体をまったく感じません。

完全に健康な人は身体を忘れています。子供は完全に健康です。子供には身体を忘れています。人は歳をとればとるほど、どこか具合が悪くなり病気になり、葛藤が始まり、身体は本来機能すべきように機能しなくなります。調和しなくなり、うまく働かなくなり、身体をもっと感じるようになります。

頭痛が頭を気づかせる、病気が身体を気づかせるという単純な現象を理解しさえすれば、あなたは自分を気づかせるものは、あなたの魂の病気のようなものだということがわかるでしょう。

完全に健康な魂は、自分がありません。それはお釈迦さまも言っていることですが、つまり、「自我」がない、ということです。自我を落としている、自我を消しているということです。

人は自我(エゴ)が無いときだけ、天国のような状態でいられます。
エゴ(自我)があると、怒ったり不安になったり、悩んだり、嫉妬したり、相手をコントロールしようとしたりして一時も平安でいられません。

2017年01月20日

こわさない。やぶらない。求めない。やめない。

仕事、生活、すべてに言えることだと思います。

人とのつながりや関係性をこわさない。約束をやぶらない。人に多くを求めない。
そして、いったん決めたなら常に何事も続けていく努力をする。何かを始めたらやめないことが大切です。

いくら気をつけても、こわれること、断絶することがあるのは事実です。

だからこそ、こわさない、やぶらない、求めない、やめない努力をしていくようにしましょう。

そうすると、良い人生を歩んでいることに気づきます。

2017年01月19日

あらゆることは良い方へ向かっています

人の目からみて運が悪い状態になっても、「ああ、自分はなんて運が悪いんだろう」と思わないこと。

必ずこれは何かいい方向に向かわせるためなんだ、神様(宇宙)が導いてくださっているのだから、悪くなりっこない、と思いましょう。

運が悪いのだ、ダメだと思ったら、運が悪くなるし、ダメになってしまいます。
そう思わないようにしましょう。

すべては良くなる方へ良くなる方へ向かっています。

2017年01月18日

宇宙に過不足はありません

「お金がない」「時間がない」とは言わないこと。

お金が不足、時間が不足ということはよくあることですが、それを言葉にしないことです。
ついこぼしそうになったら、ぐっと飲み込むこと。なんとしても言うべきではありません。

限られたお金や時間でものごとを進めるのは、自分の責任です。不足の原因は自分の生活態度にあるのかもしれません。

それなのに「社会のせい、世の中のせい」と責任転換していたら、いつまでたっても足りないままでしょう。

2017年01月17日

自分の思いそのものが、自分の現実を創っている

あなたが何かを考えると、宇宙はその考えをそのまま反映し、現実を創り出します。

それは、「万有引力」などと同じで、その自覚があろうとなかろうと関係なく働きます。

宇宙はあなたの思考をもとにあなたの現実を与えています。宇宙はバカ正直で、機転がききません。だから、あなたの思考そのままを作り上げようとします。

人は欲をかくと失敗します。その理由はここにあります。

お金に余裕があるときは、「私には余裕がある」と思っている。だから「お金に余裕がある状態」が続きやすい。逆に「もっとお金が欲しい」と思っていると、思いを強めるほど「もっとお金が欲しい状態」に拍車がかかり、どんどん緊迫した現実を作り上げてしまいます。

わかりますか?

「〜〜が欲しい」という欲望は「〜〜が足りない現実」をつくってしまいます。
一方、「〜〜に近づいている」という自信や確信は「〜〜が近づく現実」を引き寄せることにつながります。

だから、夢は追い求めてはいけません。引き寄せましょう。