2016年08月17日

足るを知る

いつどんなときでも不満を見つけて文句をいう人は、絶対に幸せになれません。

本人には見えないかもしれませんが、貧乏神が背中にぶらさがっているでしょう。

不平不満、愚痴、文句を言うだけで、自分で幸せになろうとする努力をしていないから、ますます不幸になっていきます。

人は、不平不満を言いだすときりがありません。それよりは、「あるに任せて」で、現状の生活に満足を見いだすことです。

それには、今ある現実を肯定することから始めることです。

老子も「禍(わざわい)は足るを知らざるより大なるは莫(な)し」と言って、自分の境涯に満足して安んじることを知らないことくらい大きなわざわいはないと言って、「知足」の大切さを説いています。

2016年08月16日

幸せの本質

何もない普通の生活が最も「幸せ」なんです。

何か「幸せ」という名の現象を求めている間は「幸せ」というものを感じることはできません。

「幸せ」の本質は、何事もない普通の日常がただ淡々と過ぎてゆくことです。

普通の何事もない日が最高の「幸せ」であるのだと感じることです。

ここにこそ「幸せ」が存在し、そこにしか「幸せ」は存在しないのです。

「幸せ」の本質とは感じるものであって、「幸せ」の中にいる自分というものを自覚できれば、もうその人に「幸せ」とはどんなものなのか気づかせる必要がなくなるので、神様はその人に病気や事故やトラブルを起こして本当の「幸せ」とは何であるのかを悟らせようとはしなくなるものです。

「あれが足りない、これが足りない」と言ってる間は、決して幸せになることはできません。

今自分の置かれている状況が「幸せ」の極地なんだということに気付いたならば、私たちは本当に、今この瞬間に幸せになることができるんです。

「幸せ」とは、求めて求めて何かを手に入れることではなく、今、目の前に存在する現象について自分が「幸せ」だと思うこと、それに尽きるのです。

2016年08月15日

今より幸せになりたいのなら・・・

運を良くして、幸せになりたいと思ったら、まず顔にツヤを出し、キラキラ光るものを身につけること。そして、天国言葉といわれる、誰が聞いても嬉しくなったり、楽しくなったりする言葉を話すことです。

顔は外側からやってくる幸運を受け取るパーツなのです。つまり、自分の努力や力でなにかをつかむのではなく、あなたが逢った人やあなたの身に起こった出来事から、努力なしで「いいこと」を受け取るためのところ、幸運のきっかけをつかむところなのです。

顔は他者に向けて存在するものであるからこそ、どういう顔をしているかが「いいこと」を受け取るか否か、運が開けるかどうかに大きく影響します。

あなたが美人か不美人か、しみやしわがあるかないかということと関係ありません。

重要なのは、「幸運の女神が寄って来る顔かどうか」なのです。

そして、それはどんな顔なのかというと「輝き満ちて光っている顔」です。光る顔をつくると、なぜか急に運気がアップします。

お金や幸運は、きらきら光るものに引き寄せられます。

ネックレスでもペンダントでも、ブレスレットでも指輪でも構いません。宝石なども別に本物でなくてもかまいません。

一度言った言葉はもう一度それを繰り返して言わなければならないように現象を動かします。

「ありがとう」「感謝します」というと、もう一度「ありがとう」「感謝します」と言いたくなるような現象が起こってきます。

だから、不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句を言わず、「ツイてる」「恵まれてる」「ありがとう」「感謝します」「幸せだなー」「許してあげます」などの言葉だけを使いましょう。

以上のことを、累積納税日本一の斎藤一人さんが以前よく話されていました。

2016年08月14日

セルフイメージをひきあげろ!

人間の成長をさまたげ、いちばんの障害になるものは、自己の精神的限界です。

その限界をできるだけ広げるようにしないといけません。それで人生も拓けていき、あなたをとりまくもろもろの条件もまるで魔法のように変わりはじめます。

人生は決して自分の定めた精神的限界を超えることはできません。

この成功と富を手にするための第一原則に少しも気づこうとしないために、失敗する者が多いということです。 
自分を決して過小評価してはいけません。

一方、成功者たちはこれに気づいて、セルフイメージをひき上げることに最大の努力をします。

自分が金持ち(成功者)になれると信じなければ、決して金持ち(成功者)にはなれません。

人は常日頃考えている通りの人間(人生)になっていきます。自分ではどうしようもできない運命によって人生が創られているのではありません。

ところで、金持ちイコール成功者ではありません。

お金がなくても、地位や名誉がなくても、今の状態で満足でき、幸せを感じているのならそれで十分です。

それが真の人生の成功者です。

2016年08月13日

幸せって何?

ところで、お金持ちになったら幸せなんでしょうか?お金がない人は幸せじゃないんでしょうか?

お金がない人は成功者ではないんでしょうか?

幸せとは何なんでしょうか?

幸せとか不幸せという絶対的なものは宇宙にはありません。幸、不幸は、本人が、他人が、人が勝手に解釈しているだけです。

宇宙に発生するすべてのものごとはニュートラルで幸も不幸もありません。そう思う、思い方・解釈の仕方があるだけなんです。

病気が不幸、事故が不幸、殺されるのが不幸と解釈しているだけです。お金持ちが幸せ、豪邸に住むことが幸せだと思っているだけです。

幸せとは、本人が何かに対してそれを幸せと感じた瞬間、それがその人にとって幸せになり、その人個人に帰属するだけのもので、他の人全員もそのことが幸せだと思うことは決してありません。

絶対的な幸せというものは宇宙にはありません。宝くじが当たっても、高級車を所有していても、豪邸に住んでいようとも、それが完璧に幸せだとはいえません。

たとえ、はた目につつましやかで、気の毒に見えたとしても、本人がその生活、状況を幸せだと感じていれば、幸せであって、他人がとやかく言ってもはじまりません。

幸せとは、その人がそう感じた時に、その人にだけ帰属する空(くう)と言っていい実態のないものなんです。

幸せとは、獲得したり、所有したりする事ではなく、ただそう感じることなんです。成功も同じです。

あなたは自分は、成功者でないと思っているのでしょうか?

いいえ、違います。

あなたは、成功しました。だって、あなたは、虫(ゴキブリ)や動物(うじむし)に生まれずに人間に生まれてきました。しかも、世界の中の貧しい国ではなく、たいへん豊かな日本に生まれたのですから。

世界が100人の村だったら、あなたは、最も豊かな5人の中に必ず入っています。