2014年04月03日

穏やかに日々を過ごすためには・・・

私たちが口から出す言葉は、霊的磁気を帯びています。普段のおしゃべりで出している言葉も磁気を持ちます。つまり人は自分の話す言葉、おしゃべりにより発生する磁気に包まれて生きているのです。

それでは、黙っていれば、どんな磁気なのでしょうか?黙っていても、心で思うことが磁気になり、その人を包んでいます。

ただ、この現実界では心の中で思った言葉よりも、声に出して言った言葉の方が強く作用します。この言葉が持つ磁気を「言霊」と古神道では表現し「生き物」と考えます。

人を喜ばす言葉、励ます言葉、慰める言葉を発する人間は、その内容に見合った霊的磁気を帯びているものです。こういう人は穏かな日常を生きて行くことになります。

一方、他人の悪口、自分自身を非難する言葉、卑猥な言葉を頻繁に言う人には、悪口磁気が憑くことになります。この磁気が、その人の細胞に影響して顔つきが嫌味を帯び出します。

また、同類引き寄せの法則により、悪口磁気と同類な他の磁気を自分自身に引き寄せます。すると、悪口を言う人は他人から悪口を言われたり、不運なことが起きたりすることになります。もちろん悪口だけでなく、恨みや呪いなどの言葉や思いも、保有した本人がその霊的磁気に巻かれることになり、本人にとって良いことはありません。

穏かな毎日を過ごすために、普段から意識的に良い言葉を発することが大切です。

完全な安穏でいたければ、「手放す」こと

モノ、お金、妻、夫、子供、家族、友達、地位、名誉、考え方、状況などなど・・・・。

愛着するから苦しみます。執着するから苦しみます。

あなたのものというものは一つもありません。

「自分」というもの自体が錯覚です。

手放したくないところに問題は起こります。

取った方が苦しい、放したら楽。

気楽にいること。完全な安穏でいたければ「手放す」ことです。

2014年04月02日

自分の思い通りになるものはない、と気づく

私たちは、自分には子供がいる、自分には財産があると思って安心しています。けれど「自分のもの」と思っていても、実は子供や財産に、自分自身が使われているのです。

お金が欲しければ、それ相当の仕事をしなければなりません。私のお金だからといって、支払いのお金を決めることはできません。病気になったら、治療費は医者が決めることです。お金のために生きるということになれば、お金の奴隷になってしまいます。

いくら自分の子供といっても、子供には子供の生き方があります。いくら命令しても、親の思い通りにはなりません。赤ちゃんの睡眠時間などは、親の都合とは関係ありません。

自分の体はどうでしょうか。それも自由にはなりません。体が疲れていれば眠くなり、お腹も空けば、トイレにも行きたくなります。体は自分に「ああしろ、こうしろ」と命令します。「はいはい、わかりました」と動かなくてはなりません。まるで自分の体の奴隷のようです。

では、心はどうでしょうか。心こそ自分のもので、それは自由になるでしょうか。そうではありません。
「決して怒らない」といっても、怒るときには怒ります。悩みたくなくても悩んでしまいます。我が心さえも、自由にならないのです。

この世で、自分の思うがままになるものはなに一つないのです。私たちは、思うがままにならないことを思うがままにしようとして苦しんでいるのです。

何でも思い通りにしようとしなくなると楽に生きられるようになります。

あらゆるものを「受け入れる」ことができるようになると、本当に人生が平穏になります。

2014年04月01日

離 欲

完璧に勝利を得る道とは、「何かを得る道」ではなくて、「ものから離れていく道」なのです。

「何かを得る道」にはここで終わりということはありません。しかし、離欲の道には完成があります。

ほんとうに充実するためには、ものはいらないのです。足りないから満たそうとするのではなく、ものがいらないということで、心を満たす道があるのです。

ものから離れる、離欲というところから、真の安らぎが生まれてくるのです。

必要最低限のものがあるのなら、それで十分なのです。生かされていることに感謝し、あまり何ものにも執着しないで、良いところに視点を向け穏かに暮らしましょう。

2014年03月31日

言霊の力

この世を平和に導くには言葉を清めることです。

皆が言葉を改めるならば、人同士の争いも、戦争も起こりません。まずは己の言葉の使い方を振り返ってみましょう。

人を傷つけ貶める言葉を使っていないでしょうか?

言葉は心が有ってこそ言霊となります。

思いやりと優しさのない言葉は良い言霊ではありません。

悪しき思いの強い言霊は時に凶器ともなり、良き思いの強い言霊は人を救い、癒やし、魂を清めることにもなると知ることです。

人を貶め穢し馬鹿にする言葉を決して用いてはなりません。他者を傷つければ、その分自分にも跳ね返ってきます。言霊の力を侮ってはなりません。

悪しき言霊は人の心にぐさりと刺さり、深い傷となって、時に人を殺すこともあります。
心からやさしく愛に満ち満ちた美しい言霊は、人の心を優しく包み、悲しみや苦しみから人を解き放ち、人を生かすものです。