2014年06月02日

すべての思考から距離をとる・・・「思い込み」に振り回されない

頭や信念や一般常識を信用し過ぎないようにしましょう。すべての思考から距離をとってください。

あなたが、今、百パーセント幸せでないなら、まずあなたは、あなたの思考や思い込みを疑うべきです。

あなたが苦しむのは、あなたの思考によってです。あなたが不安なのは、あなたの考えによってです。あなたが悲しく辛いのは、あなたの思いによってです。あなたがそれらの思考を握りしめているだけなのです。

ほとんどの頭の思考は、他人の考えの寄せ集めです。あなたがそれを信じて、その物差しですべてを解釈するとき、狭い領域の部分的な見方にばかり片寄ってしまうことになるでしょう。

状況は、いつも「ただそうあるだけ」です。

2014年06月01日

「おかげさまで」という受け止め方ができるように

本当は、待ち望んでいたことがやって来た時よりも、困ることがやってきた時に、人間は人間になれるものです。賢くなり成長できるものです。

人の世には悲しみを通さないと、見せていただけない世界があるものです。

みなさんも、いろいろな悩み、苦しみ、心配ごとを持っておられるかもわかりませんが、そのことを経験した「おかげさまで」というような受け止め方ができるようになれると、そのことを通して、人は深みや優しさが増し人間性が高まってゆくのです。

病気や災難も、その人を一層成長させる神の恩寵なのです。

2014年05月31日

具体的な現実は、感情やフィーリングから創られる

「あぁ〜なんだかワクワクして充実して満ち足りている」というフィーリングを感じる練習をしてみて下さい。

前もって身体で知っておけば、その満ち足りたフィーリングを感じられるような具体的な人生の形を、身体があなたの周りに引き寄せ始めます。

あなたが感じている感情やフィーリングがそのまま電磁場(オーラ)で固まっていき、現実の形態をつくるのです。

「具体的な現実は、感情やフィーリングから創られる」ということを知っておいて下さい。

あなたが喜んで楽しく感じられる分だけ形になります。

2014年05月30日

人生とはプロセスが目的です

あなたの人生には、特別に決まった使命や役目、目的があるわけではありません。

人生には特別な目的はないのです。

人生のすべてが目的です。すべてが大切で、すべてが価値あることです。すべて平等に価値があります。

生きることに特別な目的がないように、個々の人間にも特別な目的はなく、ただ自由な各自の選択があるだけです。

もし何か絶対的な目的があったなら、それはあなたがそのように決めただけのことです。

絶対的な目的があるということは、必ずそれに縛られるということであり不自由です。

「こうであるべきだ」というような絶対的な目標は必ず他者からの洗脳です。

何かを「こうであるべきだ」と決めたら、必ず失敗の可能性もあり、苦しみも生まれます。

あなたが目標や欲求を決めても、それに縛られないでください。縛られるのではなく、すべての欲求を楽しみ、目的に向かうプロセスを楽しみ、すべての瞬間を愉しんでください。

途中で遭遇するすべてに感謝し、それらを大切にしてください。

人生とはプロセスが目的なのです。

2014年05月29日

ただ受け入れる

ただそうであるだけの個人自我を、ただそのまま無条件に受け入れてください。

「悲しい」 「辛い」、それはデータがあるだけです。どちらもデータに反応する個人自我を見たかっただけです。それを無条件に受け入れないから終わらないのです。

この受け入れが充分になされることが大切です。

理想を捨ててみましょう。

人格だけでなく、今の状態や状況にも「特定の価値観」を持たないことです。

人格や現状は有限のものとしてとらえ、単なる瞬間瞬間の体験なのだと認識しましょう。

人は特定の価値観に縛られれば縛られるほど、苦しみ、葛藤が多くなります。心理的な痛みは、完全に受け入れることによってのみ終結します。

日々毎瞬、特定の理想を持たないことによって、その瞬間における、宇宙が示す「特定の理想」を知ることができます。

それなのに、私たちの「頭」が、過去の特定の理想とやらを(つまり古い観念を)「今ここ」に持ち運ぶことで、あなたは「今」の理想を逃しているのです。

「かくあるべし」「こうあるべき」、それらは「たわごと」なのです。

実は宇宙には、正しさも理想もありません。ただ受け入れればいいのです。