2015年06月29日

愛深き人になる

愛されるためにいちばん手近な道は、愛すべき人になることです。

つまり、愛情豊かな人に自らが成ることです。

人に思いやり深く、愛のある言葉をかけ、常に親切に接しましょう。

どんなことがあっても、決して人を批判したり裁いてはなりません。

悪い思い、批判、裁きは、巡り巡って必ず自分に還ってきます。

2015年06月28日

すべてのすべてに感謝

人生は決してきれいなものでも、美しいものでもありません。

それを美しいものにするのは、他ならない「私」です。

心に「花」を育てましょう。その種子や水は、日常生活の中にあります。むしろトゲのある言葉や思うままにならないことごとこそ、栄養や肥料になるのです。何と有り難いことでしょう。

すべては向上・発展の機会を与えてくれる神々の恩寵なのです。すべてのすべてに感謝いたしましょう。

2015年06月27日

過度に期待しない・・・未来の結果に依存しない

計画していたことが、他人の干渉により、または思わぬ出来事により、中断されることがあります。

それに腹を立ててはなりません。それが人生なのだと知らなければなりません。

結果に期待しないこと。未来の良い結果に過度に依存しないこと。

「絶対にこうでないと」という思いを持つと、「思い」が重くなります。未来に過度に期待してはなりません。

穏かな人生が送りたいなら、すべてを受け入れていくことが大切です。

2015年06月26日

すべては有り難い尊い恵みであり、機会である

世の中に、つまらない仕事、つまらないモノ、というものはありません。

雑用と呼ばれる職種も、価値のない仕事、価値のないモノもありません。

それはその人がつまらないものにしているのであり、価値のないモノと判断・評価しているだけです。

すべては有り難い尊い恵みであり、機会を提供しています。

すべては、捉え方次第、考え方次第。

この世の中に価値のないものは、存在しません。

2015年06月25日

既にそうなったかのように振る舞う

思考が意志を創り、意志が現実を創ります。だから、「心の内の理想像に大きな意味などないかもしれない」といった疑いの気持ちを持たないようにしましょう。

そして、思い描くイメージが、今の自分の現実であるかのように行動する練習をしましょう。

もし、あなたがエネルギッシュな人間になりたいと思うなら、疲れた振舞いは絶対にしてはなりません。自分の理想像を崩すだけだからです。鏡に疲れた顔が映っていても、元気いっぱいに行動しなさい。どんなときにも「疲れた人間」を自分の中に入り込ませてはいけません。

自分が心に描いたエネルギッシュな理想の人間は今ここにいる。と肯定するのです。そして、それに見合う行動をとる練習をしましょう。たとえ自己欺瞞でスタートしても、あなたがそのようにふるまった瞬間、奇跡はその場で起こります。理想のあなたは、もはや遠い希望ではなくなります。

そうしていると、それが現実になっていくものです。