2012年06月19日

大事なこと

日常の生活の中で大事なことは、先ず怒らないことです。

そのためには、いつも他の人を評価して責める癖を治してみるのです。
人を評価すると、自分が評価されることが気になってきます。

次に、人に良きものを与え続けることです。

ここで大切なのは与え続ける、ということです。
ときどき、それも自分の調子のいいときだけ人に与えることではなく、自分の人生のよいときも悪いときも与え続けること。すうっと一生です。このことに気づいてから、ずうっと生を終えるまで続けることです。

2012年06月18日

常日頃、思っていること、言ってる言葉の通りになっている


心配ばかりする人は、その心配の世界が実際化します。嘆いてばかりいる人は、その嘆きの世界を引きつけて、「やっぱり私はついていない」とまた嘆きます。

いつもよきことや人の成功を喜ぶ心や、他人の健康を祝う心を持っていると、そのよき世界を引きつけます。

だから毎日、何を思い何を考えているかで、その人の人生は決まってきます。

今のこの瞬間の私たちは、過去からの私たちの人生の選択肢の最先端にいるわけです。
すべて自分が、欲や決断で選んだ結果の自分があるのです。

2012年06月17日

あなたの使命

自分の人生の中で、自分がワクワクするようなことがあなたの使命です。

使命を果たさなければいけないとか、そういうことを考える時に深刻にならなければいけないということは絶対ありません。

自分の人生の中で自分が興味を持っている分野がだいたい自分の大事な過去世につながっています。

基本的にあなたの人生の目的というのは、本当の自分自身に帰るということです。本当の自分に帰るということは、統一性を持ってその中でワクワクするようなものをやっていくということです。

2012年06月16日

すべての状況を自分に役立たせる

「期待」していたから、あなたの目には失敗と映ったのです。

自分自身にとってその体験は、何か新しいことを教えてくれませんでしたか?

すべての状況を、自分に役立たせてあげ、奉仕させてあげると、自分のよりなりたい人間に近づいていくことができます。

2012年06月15日

食を抑え老化を抑える

食事で老化をコントロールすることができます。また死を著しく遅らせ回避できます。

食によって、成長と年齢を自由にコントロールできます。それが食の秘密であり、食に隠されてきた本質です。

五十代、六十代、七十代になってもそれより20から30歳若い身体を保つことができます。
あるいは、20から30若い身体に回帰できます。

食事を抑えることによってーーー三食を二食に、二食を一食に、減食し少食・微食に移行することによってーーーいつまでも若々しい身体を保つことができます。

若々しい身体に若々しい心が宿ります。いきいきとした心が生命の輝きを溢れさせています。

50代、60代になってくると、人間によって、老化の程度が違ってきます。

考え方が違う、人生態度が違ってくる。

食を抑えることによって老化は抑えられ回避できます。