2012年09月12日

引き寄せの法則

その人の思っている通りのことを引き寄せるのが「引き寄せの法則」ですが、遠慮をすれば遠慮した現実が形になります。心配すれば心配した部分を一緒に引き寄せ、恐れていれば望んでいるようでも実現しません。

宇宙に夢をオーダーする(=望むことをイメージする)ときには、「〜になりたい、〜したい、〜になりますように」という思い方ではいけません。

「〜になりたい」と思っていれば、いつまでも「〜になりたいなぁ〜と思っている自分」という、これまでと変わらない状況しか引き寄せてこないからです。

たとえば、「豊かになりたい」と願う時、その裏には「豊かでない嫌な現実」という思いがあります。すると「豊かになりたい」と思うたびに、逆の状況を思い浮かべていることになります。

「今よりもっと楽しい仕事に就きたい」と望むときには、同時に「今の仕事は楽しくない」という現状に意識を向けています。・・・・つまり、望んでいないことに意識を向けていることになっているのです。

これらは、望みを強くイメージしているようで、実際は逆のことにエネルギーを注いでいることになります。

これは、アクセルとブレーキを同時に全力で踏んでいるようなものです。望んでいながら同時に逆のことを考えているので、プラスとマイナスのエネルギーが相殺され、現実に動きがないのです。

夢は追うものではなく、引き寄せるものです。ですから、夢にあこがれるのではなく、「すでにそうなった状態」をイメージすることです。

「すでに〜〜の状態になっている」と過去完了形で思い、既にそうなっている状況だけに意識を向けてください。

2012年09月11日

あなたの魂が喜ぶものに、あなたの役割(使命)があります

あなたが無条件にそれにワクワクするということは、あなたにしかできない役割がそこにあるからです。

あなたの魂が望んでいる本来の役割、とも言えるかもしれません。それが人間の感覚を通すと、「ワクワクする」と感じます。

「使命」と言うと大げさに感じるかもしれませんが、「使命」とは特定の人だけにあるものではありません。

たしかに、人が社会で取り組む事柄には大小があります。でもそれは、「その人はそこにワクワクする=そういう縁がある」というだけで、役割の種類の違いです。

ワクワクすることが、国のリーダーになることである人もいれば、おいしい料理を研究することである人もいます。人が幸せになる科学技術を提供することである人もいれば、それを広めることにワクワクを感じる人もいます。

形は違っていてもその目的は同じです。その作業を通して(最終的には)自分とまわりを幸せにすることなのです。

2012年09月10日

愛の行為を実践する

人は苦しい時ほど、より多く、愛の行為を行っていけば、必ず全てのことから解放されます。

愛の行為とは、ひたすら人を喜ばせ、相手に得となることを行うことです。
思っているだけでは天の光、神の恩寵はいただけません。

人に得になることを行ってこそ初めて天(神)は多くの恩恵を与えてくださいます。

実践あるのみです。

2012年09月09日

まず、あなたが幸せになってください

誰でも、自分が思い描ける夢や望みは必ず実現します。そこに、その人の生まれてきた役割(使命)があるからです。

そのワクワクするもの(=夢)に向かう過程で様々なことを経験して精神的に成長します、そこでわかった「幸せになる法則、この世の仕組み」のようなものを周りに伝え教えて、自分も
まわりも、地域、国家も世界も地球全体も幸せにしていくことが、人がこの世に生まれてきた意味であり、それに気づいた人の流れ(運)はよくなっていきます。

つまり、あなた自身が幸せになることは、世界の幸せにも少なからず影響を与えることなのです。

だからまず、あなた自身が幸せになっていいのです。

2012年09月08日

宇宙を味方にする

宇宙を味方にする最良の方法とは、ありとあらゆることに不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句を言わないこと。否定的、批判的な考え方でものを捉えないこと。これに尽きます。

不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句を言わないこと、そして喜びを持って肯定的な目で現象をとらえていること。


すべてのことに対して 「嬉しい、楽しい、幸せ、恵まれてる、豊かである、愛してる、ありがとう、ついてる」というような肯定的な言葉でものをとらえることが、宇宙を味方にする最短で最善、最良の方法です。