2013年02月02日

自分から先に実行しましょう

自分から先に、話かけましょう。
自分の方から、にこやかに笑いましょう。
自分の方から、いさぎよく赦(ゆる)しましょう。
自分の方から、勇気を持って詫(わ)びましょう。

自分が変われば相手が変わる。

自分が相手にこうして欲しいと思うことを、まず、自分が先に実行することで、世の中、きっと楽しくなると思います。

2013年02月01日

失敗によって、新しい自分が育つようにすることが大切です

失敗して痛い目に遭うからこそ、自分の足りなさを深く自覚し、また、人の情けのありがたさが身にしみてわかり、耐える力を身につけるのです。

失敗は決して恥ずかしいことではありません。

恥ずかしいのは、同じ失敗を繰り返したり、ころんでも立ち上がれないことです。

失敗によって、新しい自分が育つようにすることが大切です。

2013年01月31日

現状のままで幸せになる

世の中には学歴がないから、〜〜がないからといって劣等感を抱く人がいます。

そういう風に考えるのではなくて、東大を出た人は、東大を出てよかったと思えるような生き方をすればよく。

中学出の人は、中学出でよかったという生き方をすればいいのです。

ようするに現状を一つも変えないで、いまのままで幸せ。そう思う努力が大事です。

間違えないでください。現状を変える努力じゃありません。現状そのままで、幸せになる考え方をするのがコツです。

ほとんどの人は、何かを変えないと、何か変わらないと幸せになれないと思っています。

太っていたら太ったまま幸せになれる方法を考える。これはとても大事なことです。

簡単に言うと、すべては心で、考え方で決まるということです。
コツは何も変えずに、いまのまま幸せになることです。

2013年01月30日

物事の見方を変え毎日穏かに平安に暮らす

起こる物事にどんな反応をしていくかで、先に起こることは変わります。

同じことが起こっても、自分と他の人で展開の仕方が違うのは、反応の仕方が違うからです。

毎日毎日、自分なりの反応をして、自分なりの未来を創造しているのです。

「どう考えてもこうとしか思えない」ということでも、違う人から見ると、まったく違う見方があります。

物事の見方を変えてみることが大切です。

物事の見方を悲観的でない方へ変え毎日穏かに平安に暮らすようにしましょう。

2013年01月29日

自分を追い詰める枠を広げよう

小さな枠でひとつの部分だけを見つめていると、同時にある「今」を感じることができなくなり、幸せを味わう前に人生が終わってしまいます。

「ひとつの物事にはあらゆる見方がある」と知ること、これは「悟り」の一種です。
違う見方ができるようになると、自分を追い詰めることがなくなります。すると生き易くなります。

私たちは、一生を通して思い込みや決め付け、考え方の枠を外し続け、枠のない宇宙の状態に少しずつ近づいています。