2013年05月07日

病気で死なないで老衰で逝くために

食品添加物は、食べ物とは違います。食べ物は、炭水化物やたんぱく質、脂肪、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を含んでいて、私たちの体を育むものです。

しかし、添加物は食品の製造や、保存のために使われるもので、業者にとっては都合のよいものですが、私たち消費者にとってはほとんどメリットはありません。

現在、食品の多くは機会によって大量生産され、それがトラックなどで店舗に運ばれ、しばらく陳列されてから消費者の口に入ることになります。

それらを効率よく行うためには、食品を加工しやすくする、色やにおいを付ける、保存性を高めるなどの働きを持つ添加物がどうしても必要になってきます。また、生産コストを下げるためにも添加物が必要です。

たとえば、ジュースを製造する場合、果汁をたくさん使うよりも少なくして、酸味料や香料、着色料などで、味やにおい、色を付けたほうがはるかに安く製造できます。生産コストを下げられれば、当然ながら儲けが多くなります。

しかし、これらの添加物がすべて安全なものかというとそうとはいえません。

あきらかに身体に悪影響を及ぼすものが少なくありません。幸い現代では、多くの添加物情報が書籍やネットで容易に入手できるので、健康で長生きし、病気で死ぬのではなく、老衰で枯れるように逝きたい人は、ある程度、添加物についての情報を頭に入れておきましょう。

私たちの体は、私たちが食べたもので出来ています。今のあなたの体(健康状態)はこれまで食べたものの集大成です。

2013年05月06日

子育てについて・・・

母親(父親)が子育てという名の下で苦労しているのはなぜでしょうか。なぜ楽しいはずの子育てをダメにしてしまうのでしょうか。

それは、子どもを自分の思い通りにしようとするからです。

子育てとは、じつは難しくありません。子どもが伸びていきたい方向に伸ばしてやればいいのです。逆にいえば、伸びたい方向に伸びていくのを邪魔しないこと、親の思いを押しつけないことです。

すべての子どもは、100%天才で生まれてきます。子育ての本質は、その子の芽を摘まないことです。あれこれ手を出して修正を加えるのではなく、子どもがキラリと見せる片鱗を喜んであげることです。

「あなたのこういうところがステキよ」とか「「この部分がすごいね」と、その箇所を見つけて肯定してあげることです。

そういうふうに子どもと接していると、子育ては、とても楽しいものになります。

2013年05月05日

人間は果食動物です

世の中の栄養士たちは私たちに 「穀物や肉類などをバランスよく食べる」よう力説していますが、人間は栄養士たちが考えているような雑食動物ではありません。果物や野菜を食べるようにつくられているオラウータンやゴリラ、チンパンジーなどといった霊長類の仲間と同じ,果食動物に属しています。

チンパンジーの食べ物はその50%が果物、40%が野菜(やわらかい木の葉や草)、5%が根菜類です。動物性食品(シロアリやアリ)は4%以下です。

それで、私たち人間のからだにとって最もふさわしい食べ物は、実は「果物と野菜」ということになります。

大昔の私たちの祖先はずっと果物を主食としてきたことが人類学、考古学、解剖学、歴史学のうえからも証明されています。

文明が発達し、食文化がいくら変化してきても、私たちのからだの消化器官の構造や消化のプロセス、生化学反応は残念ながら古代人のときのままです。

しかし文明諸国に住む現代人の食べ物の決定権は、今や食品産業やメディアの手に握られてしまっています。その結果、現代人は高度に加工されたファストフードのハンバーガーやコンビニの弁当を、古代人のときのままの消化器官に詰め込むようなことを平気でするようになってしまいました。

「こうした食品は人間にとって間違った食べ物である」などということは、悲しいことにほとんどの人が気づいていません。

2013年05月04日

食事の内容も少し気にかける・・・(老廃物は溜めないようにきちんと出しておく)

病気にはそれぞれ異なった名前がつけられていて、何千もの病気があるような錯覚をしてしまいますが、ほとんどの病気の原因は一つしかなく、根源は同じ毒血症です。

毒血症とは、「蓄積された不要な老廃物や、誤った食習慣のために体内で形成される有害物質、および加工食品に含まれる添加物などの毒素が、血液に入って生ずる全身的な中毒症状」のことです。

ところで、人間の体には浄化力、治癒力、機能維持力というものが、生まれたときから誰にでも備わっています。からだは常に有害な老廃物を浄化し、健康体になるべく努力を欠かすことはありません。

ですが、私たちのからだは悪い物ばかりを体内に入れ放っておいては、やがて機能に支障がでてきます。

「歳を重ねれば誰でも病気になるのは当たり前」なんて妙に納得することなく、気づいたときから血を汚すようなものは出来るだけ体に取り込まないように注意しましょう。

既にかなりの量の悪いものを取り込んでいたとしても、毎日、毎日、新鮮な熱処理しない野菜と新鮮な果物を積極的に摂るようにすれば数ヶ月で体が浄化され必ず体調は改善されます。

何よりも、何をやるにも、まず健康であることが大切です。

2013年05月03日

心がつくるもの

そこに存在するものは、あなたの心にもとづいています。

あなたの心が、そこにそのものを、今のこの状態を創ったのです。

それゆえ、汚れた心を持たないように、不安を抱かぬよう、心配しないように。

そうしないと、汚れたものが、不安が、心配なことがここに生まれ、そのことがあなたを苦しめるでしょう。