2012年06月15日

食を抑え老化を抑える

食事で老化をコントロールすることができます。また死を著しく遅らせ回避できます。

食によって、成長と年齢を自由にコントロールできます。それが食の秘密であり、食に隠されてきた本質です。

五十代、六十代、七十代になってもそれより20から30歳若い身体を保つことができます。
あるいは、20から30若い身体に回帰できます。

食事を抑えることによってーーー三食を二食に、二食を一食に、減食し少食・微食に移行することによってーーーいつまでも若々しい身体を保つことができます。

若々しい身体に若々しい心が宿ります。いきいきとした心が生命の輝きを溢れさせています。

50代、60代になってくると、人間によって、老化の程度が違ってきます。

考え方が違う、人生態度が違ってくる。

食を抑えることによって老化は抑えられ回避できます。

2012年06月14日

今を生きる

今を楽しんでいれば時間の観念にとらわれる必要はありません。

未来に生きていたりしたのでは、何も見い出せないでしょう。望むものは今与えられています。

あなたは「今」に居るのです。百パーセント「今」を楽しんで下さい。

「今」を生きれば、あなたは老いからも時間からも縛られることはありません。

逆説的なのですが、それがあなたの人生を拡大する方法です。

すべての場面にあてはまる答えは「今を生きること」です。

2012年06月13日

受け入れると状況は変わる

人間関係のすべての目的というものは、自分自身をその相手から学ぶということです。

自分でその相手の状況を受け入れると不思議と状況は変わってしまいます。

他の人に対しても、自分自身に対してもそんなに厳しくならないで下さいということです。

2012年06月12日

少食が健康の原点

一粒の米、一枚の菜っ葉といえども、天から与えられた大切な命として、感謝合掌していただき、決してこれを無駄にしないという考えで食事をすることが、健康法の最も大切な基本で、これが「少食」の思想ですが、要するに、「できるだけ殺生をしない」という愛と慈悲の具体的表現です。

しかも、愛と慈悲の行為である少食は、実はまた健康法の秘訣となってくるところに、神の配慮を感じ取ることができます。

少食が守られず、過食を続けている限り、他にどのような健康法を実行し、一時的に健康になるように見えても、結局は病に倒れ、長寿を全うすることができないということです。

「いのち」を無駄にするような人間本意の横暴は、天が絶対に許し給わぬということになるのでしょう。

愛と慈悲の行為である少食を実行する者のみに真の幸せが与えられるというわけです。

2012年06月11日

ワクワクに従っていると自身の使命につながる

今のあなたは、この人生しかありません。ですから基本的なあなたの使命は、この人生を百パーセント生きるということです。

できる限り充実した人生を生きるということです。

それには、自分の統一性を持って、そして毎瞬、毎瞬一番ワクワクすることをやることです。

あなたが選んだ道に沿っているとき、自分がワクワクすることで身体が翻訳機のように教えてくれるのです。

ですから、気持ちがワクワクするとき、あなたは自分の道を一番忠実にしかも自然に歩んでいることになります。そして、あの世で決めてきた自分の使命を達成することができます。