2012年12月03日

あるがままの自分を愛する

自分をただ愛しましょう。
条件を出さないで、理想と比較しないで、ただあるがままを愛しましょう。

そうすれば、人を愛せるようになります。
そうすれば、幸せになります。
そうすれば、本当の豊かさが手に入ります。

抜きん出た人になる必要はありません。
そういうゲームに参加したらおしまいです。
行き着くところはありません・・・。

人生で最も崇高な行為、それは、あるがままの自分を愛することです。

2012年12月02日

毎瞬、毎瞬、安らぎを選んで生きる

人と会話するとき、次のことを考えてみましょう。

一、目の前の人とつながろうとしているのか、対立しようとしているのか。
二、目の前の人のいいところを探そうとしているのか、欠点を探しているのか。
三、目の前の人を安心させているのか、恐れさせているのか。

万一、相手が自分に嫌な態度を取ったり、嫌なことを言ってきたときは、
「人は見たいように見ていて、その人の意見は自分に対しての言葉ではなく、その人が住んでいる世界観を表しているだけだ」と思うようにしましょう。

そうやって瞬間、瞬間、安らぎを選びましょう。

2012年12月01日

新たな苦しみ

習慣のしみた生活をしていると、人はさまざまな事柄に慣れ親しんできます。

しかし、恐れはそのことから生まれてくるのです。

慣れ親しみが愛着、執着に質を変えていくからです。すると、それらが失われるのを恐れるようになります。これが新たな苦しみとなります。

同じように、生活することによっていつのまにか塵や埃が溜ってきます。
それらは自分を汚すものです、これらのことによく注意しておきましょう。

2012年11月30日

執着、愛着の重さが人生の苦しみとなる

軽やかに、すがすがしく生きたいのなら、執着、愛着のいっさいを捨てることです。

微塵でも残したりすれば、その分だけあなたはまだ重い。

若い時にはその重さに耐えられるでしょうが、いずれはその重さが人生の苦しみになるでしょう。

棄てなさい! 愛着を。 執着を。

2012年11月29日

事実だけを見つめる

もちろん、いっさいの悪から離れましょう。

そして、もし善をなしても、善をなしたと思わないように。
善をなしたとしても、それを価値づけないように。

この世をよく見るように、事実をしかと見極めるように。
その眼に、自分の想像や心をまじえぬように。
ただ、そのままを見つめるように。

死を終わりだとみなさぬように。死もまた、この世にある事実の一つであることを決して忘れぬように。

そのようにして生きるならば、あなたは必ずや安らぎに満たされます。