2012年11月24日

自分の思いそのものが、自分の現実を創っている

あなたが何かを考えると、宇宙はその考えをそのまま反映し、現実を創り出します。

それは、「万有引力」などと同じで、その自覚があろうとなかろうと関係なく働きます。

宇宙はあなたの思考をもとにあなたの現実を与えています。宇宙はバカ正直で、機転がききません。だから、あなたの思考そのままを作り上げようとします。

人は欲をかくと失敗します。その理由はここにあります。

お金に余裕があるときは、「私には余裕がある」と思っている。だから「お金に余裕がある状態」が続きやすい。逆に「もっとお金が欲しい」と思っていると、思いを強めるほど「もっとお金が欲しい状態」に拍車がかかり、どんどん緊迫した現実を作り上げてしまいます。

わかりますか?

「〜〜が欲しい」という欲望は「〜〜が足りない現実」をつくってしまいます。
一方、「〜〜に近づいている」という自信や確信は「〜〜が近づく現実」を引き寄せることにつながります。

だから、夢は追い求めてはいけません。引き寄せましょう。

2012年11月23日

いつもバランスを整える、美しい調和を心がける

食べ物にしても、運動量にしても、人とのコニュニケーションにしても、偏らないことが重要です。

前日食べ過ぎたら、今日は控え目に軽く食べる。運動不足だったら運動する。仕事に集中したら、しばらく休む。人に会い過ぎなら、一人の時間をとる。

欲望に任せて、目の前のものごとを過剰に取り入れてはいけません。調和が美しく取れている状態を目指しましょう。

バランスを整えることがものごとをよどみなく進めるコツです。

2012年11月22日

宇宙に過不足はありません

「お金がない」「時間がない」とは言わないこと。

お金が不足、時間が不足ということはよくあることですが、それを言葉にしないことです。
ついこぼしそうになったら、ぐっと飲み込むこと。なんとしても言うべきではありません。

限られたお金や時間でものごとを進めるのは、自分の責任です。不足の原因は自分の生活態度にあるのかもしれません。

それなのに「社会のせい、世の中のせい」と責任転換していたら、いつまでたっても足りないままでしょう。

2012年11月21日

あらゆることはよい方へよい方へ向かっている

人の目からみて運が悪い状態になっても、「ああ、自分はなんて運が悪いんだろう」と思わないこと。

必ずこれは何かいい方向に向かわせるためなんだ、神様(宇宙)が導いてくださっているのだから、悪くなりっこない、と思いましょう。

運が悪いのだ、ダメだと思ったら、運が悪くなるし、ダメになってしまいます。
そう思わないようにしましょう。

すべては良くなる方へ良くなる方へ向かっています。

2012年11月20日

こわさない。やぶらない。求めない。やめない。

仕事、生活、すべてに言えることだと思います。

人とのつながりや関係性をこわさない。約束をやぶらない。人に多くを求めない。
そして、常に何事も続けていく努力をする。何かを始めたらやめないことが大切です。

いくら気をつけても、こわれること、断絶することがあるのは事実です。

だからこそ、こわさない、やぶらない、求めない、やめない努力をしていこうと思っています。