2013年10月25日

お金は喜んで楽しんで使うものです

「怖いから、何かあるといけないから、お金は娯楽ばかりに使ってはダメ」という思いが、お金を恐怖で縛り、死に金にしています。

「将来何かあるといけないから」というのは、あまり喜ばしいことを想像していないことで、それが当然そんな出来事を引き寄せ創ってしまうのです。

お金は喜んで楽しんで使うものです。

お金を使う恐怖感と罪悪感、それらはDNAレベルで先祖から受け継いでいる情報であり、人類全体の集合意識です。しかし、この恐怖感と罪悪感に飲み込まれていいなりになるばかりでは、人生は何も変わりません。奇跡も起こらなければ、サプライズもありません。

そこに対して、服従するでもなく、闘うのでもなく、無視するでもなく、あなたはひたすら「喜び」「楽しさ」を発信していけばいいのです。

お金のあることをもっともっと喜んで、使うことをもっともっと楽しみましょう。

2013年10月24日

ただ生きているだけでいい・・・喜び続けるだけでいい

私たちの心の奥底には、「なにも成し遂げていない自分が楽しんだり、喜んではいけない」という洗脳データが強烈に入力されています。

すると、なんらかの成果や結果を形のうえで自分に出せないうちは、楽しんだり喜んではいけないという思いにかられます。

条件を満たさない自分は愛されないし、認められないと洗脳されてきました。

そのまま生きている自分の状況だけでは、生きる自信がなくなっていくのです。したがって表面的に教えられた通り、さらにたくさんの条件を満たすべく生きていくのです。人生を楽しむどころか、「条件を満たす」ための苦しい人生になっていきます。

ただ生きているだけでいい。宇宙はそういうところなのに・・・・。

しかし、これは逆です。楽しんで、喜んで、前祝いの気持ちで、ただ遊びをエンジョイしていると、勝手に楽しい形が外側にできていくのです。これが本当の「成果」です。
これが具現化です。これが願望成就です。

あなたがなんの条件もなく、ただ楽しいことを自分にさせてあげた分だけ、楽しい成果と結果が出来ていくのです。

宇宙はそのようになっています。多くの人が早くこのことに気づくことを願ってやみません。

2013年10月23日

前祝い・前喜びをすることが大切です

明日や人生をどうイメージしようと、どんな嫌な人生であろうと、そこに「祝福」「前祝い」「前喜び」という気持ちを投入すると、アッという間に軽くなります。

前祝い・前喜びをすることが本当に大切です。

私たちは今後いかなるときも、いつでも「前祝い・前喜び」をするという体質にならなければなりません。

その前祝いという喜びの体質で行うすべてのことは、結果において嫌な状況になることはないからです。

2013年10月22日

ダイレクトにお願いする

私たちは無意識に「お金がなければ大変なことになる」と洗脳されています。

本当に自由になるためには「お金がなければ人生がダメになる」という洗脳を解くひつようがあります。

私たちが欲しいのは、お金自体ではなく、お金に付随するエネルギーが欲しいだけです。
つまり、安心感、自由感覚、権力意識、富裕意識、満足感、虚栄心などです。

家賃、教育費、ローン・・・、〜を体験したい、〜に行きたいなど、ついついお金に結びつけて考えがちですが、お金を経由せずに直接願えばいいのです。ダイレクトにお願いすればいいのです。

体験したい内容、行きたい場所、などのように選択して意図すればいいのです。
お金はあくまでも媒体で脇役です。

ちゃんと欲しい「主人公」を明確に意図してください。できるだけダイレクトに願望の的(まと)をはっきり認識しておくほうが引き寄せはスムーズです。宇宙はそういう仕組みになっています。

2013年10月21日

継続は力なり・・・地道に、真剣に、続けてみましょう

天台宗を開いた最澄(さいちょう)は、「十二年修行したら一見を得るでしょう」と言っています。つまり、十二年間一生懸命にやっていたら、ものになる、ということです。

どんなことでも十二年間も一生懸命にやれば、自分の進む道も見えてきます。だから、十二年間は、とにかく一生懸命にやってみることです。仕事だって、十二年くらいはコツコツと続けていると、きっと自信もついてきます。

継続は力なり・・・地道に、真剣に、続けてみましょう。