2015年09月10日

心の内側が外側の状況を創り出す

内側が豊かで充実しているとき、必ず外側もそうなってきます。

豊かな思いや余裕の心が豊かな現状になってゆくのです。

いつもいつも、足るを知って、感謝して、満ち足りていましょう。いつもいつも上機嫌でいましょう。

2015年09月09日

常に感謝と歓喜の感情(心の状態)を保つこと

感情というものは、その種類がどんなものであろうと、私たちの肉体や人格(人生)に影響を与えます。


怒りや恐れ、悲しみなどの消極的な感情や情念は肉体や人格(人生)に悪い影響を与えます。

一方、常に感謝と歓喜などの積極的な感情(心の状態)を持っていれば、肉体や人格(人生)に積極的な良い影響を与えます。

だから、たとえ思わしくない状況になっても、捉え方を変えて常に感謝と歓喜の感情(心の状態)を保つことはとても大事です。

2015年09月08日

あなたがそれに意味を与えている

すべての状況、すべての事象というものは本当は中立です。

あなたがそれに意味を与えているのです。

すべてのもの、シンボルは基本的に中立です、中性です。あなた自身がそれに意味を与えたものが、あなたに対しての意味になります。

否定的な意味を与えれば、否定的な結果がでます。肯定的な意味を与えれば、肯定的な結果がでます。

どちらの意味を与えるのもあなたの自由です。明るい未来を希望するのなら、いつも肯定的な意味を与えることが大切です。

2015年09月07日

感謝が人生に豊かさをもたらす

幸せは欲しいものの追求によっては得られません。現に(既に)所有しているものに好ましさを見い出し、愛おしむ気持ち、愛着を感じ、感謝していると自ずと幸せになれます。

既に自分が持っているもので感謝できるものに焦点を合わせましょう。感謝することこそ、私たちの人生により豊かさをもたらす方法です。

2015年09月06日

心の持ち方が大切

意識は一種の波動で、それに同調する環境を引き寄せ、自分の運命・境遇として具象化します。

すべての事象の原因は、あなたの心の状態にあります。

心の持ち方、心境を明るく調和のとれたものにしていれば、あなたの運命は素晴らしいものになります。

どんなことがあっても、どんな状況におかれていても、不平不満、泣き言、文句、悪口、人を裁くような思いを持ってはいけません。

悪い思い(意識)を持っていると、それがあなたの周りに具象化され、あなたの運命・境遇が悪いものになってしまいます。

ところで、心を穏かに、落ち着かせ平安に暮らすには環境をきれいに保っていることが大切です。掃除をこまめにしていつも環境をきれいにしていましょう。