2013年08月15日

この世で現実を創る最強のものは?

ばかげた「恐れ」にかまうよりも、「今」、実体験したいことにフォーカスしましょう。

実は、私たちの肉体は、相当に疲れないようにできています。普通に仕事をこなすことや、多少のオーバーワークでもそう疲れません(遊んでいるときの肉体を思い起こしてください)

では、なぜ疲れるのでしょうか?なぜ、こんなにもストレスがかかりすぎるのでしょうか?

それは、「思考」を「かまいすぎる」ことによるのです。考えに執着しすぎて、脳の回路のエネルギー消費がものすごいことになっているからです。

本来、思考はいじくりまわす必要がないのです。重要かつ必要な宇宙の思考は、頭をひねらなくてもあなたの心が静寂なときに勝手に来ます。あなたが握りしめてしまう頭の思考は、単なる「思い込み」の繰り返しですから、万能でもないし、完全ではありません。

だから、宇宙の思考(直感)にゆだね、頭は降参し、ギブアップしてください。
考えたところで、結果は同じ。あなたが意図したことしか起こってきません。
意思、意図、決意、それしか必要がありません。あとは「降参」してください。

さて、ここで、表題の「この世で現実を創る最強のものは?」
の答えですが、それは、「あなたの決意」です。あなたが創造主だからです。

2013年08月14日

ただ、そうあるだけ

「あの人に叱られた」「あの人に嫌われた」「あの人にハメられた」「あの人にフラれた」それは本当に事実なのですか?

実は、それはあなただけの定義づけであり、あなただけの個人的な世界、個人的な宇宙の中だけの話なのです。

すべての出来事、すべての体験、すべてのもの、すべての現実は・・・・。

ただ、そうあるだけです。宇宙の本質、万物の本質は中立なる愛なのです。

だから、あなた独自の定義で意味づけしてもいい自由があります。他の人も、他の人独自の定義で意味づけしていい自由があります。

100人いれば100通りの解釈があり、100人の視点があり、100人の価値観があり、100人の決めつけや、意味づけや、意義づけがあります。それによって百人百様の変形され応用された現実が創られます。

常にこの基本を忘れないでください。そうすると、苦しさは自分の定義から創られていたことがわかってきます。ただ、そうであるだけのことを、あなたが勝手に決めていい自由を手にしているということです。

逆に言えば、今のあなたにとって不愉快な定義をしていることに気づいたなら、それをいつでも自由に変更できるということです。

あなたの決め付け、あなたの見方、あなたの解釈や反応、あなたの視点、それらを変えることで、本当に心が自由に楽になります。

「私ってダメな人間なんです」「それってむずかしいですね」「なかなかうまくいきません」
「あの人はそういうヒドイ人なんです」「世の中って一般的にこうじゃないですか?」

あ〜、なんてたくさんの定義づけや意味づけがあるのでしょう。
他でもない、あなたがそれを行っているだけなのですが。

でも事実は、すべてが、「ただ、そうあるだけ」です。この中立な定義は、あなたを癒してくれるはずです。あなたを楽にしてくれるはずです。

あなたは、この定義を知っているだけで、今後はもう被害者にも加害者にもならなくて済むのです。

2013年08月13日

何処でも何時でも幸せで居る

どんな状況、どんな出来事、どんな日でも小さな良いことは必ず見つかります。

いつもいつも小さな喜びは見い出せます。どこでも、いつでも幸せで居られます。

悪いことばかりに意識を向けていては、人生は暗くなるばかりです。

あなたの精神が健康であるか否かを計る尺度は、どこにでも良いことを見つけられるか否かです。

2013年08月12日

いまをどう生きているか

過去が咲いている今
未来の蕾で一杯な今

これは、陶芸家・河井寛次郎の言葉です。
なんと美しい言葉でしょう、なんと人に勇気と希望を与える言葉でしょう。

しかし、この言葉は「いまをどう生きているか」について、私たちに内省を促す言葉であることも見逃してはなりません。

いみじくも、二人の聖人に次の言葉があります。

いまのあなたがいまのあなたの運命にふさわしい・・・・・・釈迦
あなたの行動はあなたの未来の予言者・・・・・・・・・・・・・キリスト

あなたは今、何を考え、どういう習慣を持ち、どういう行動をしているのでしょうか。
あなたの今があなたの未来を創っています。

2013年08月11日

正しいかどうかを探っていくだけの人生は不毛

あなたは、あなたを生きるために肉体をもらったのであって、他者の概念を生きるために生きているわけではありません。宇宙には同じものは不要だからです。

人の数だけ好みがあってよいのですから、あなたは「あなた」であってください。

正しい生き方、立派な生き方、すばらしい生き方、そんなことを追究するために生きているのではありません。

「あなた」が喜べるバイブレーションなのかどうかです。
あなたは「あなたの地球と宇宙」を創ってください。

あなたの愛すべき親であれ、子供であれ、あなた以外の他者の荷物を背負う必要はありません。でも、それが、「心底から楽しくてしかたがない!」という「バイブレーション」があなたの中に湧くのならOKです。

正しき考えを追究する窮屈な生き方から、フィーリングやバイブレーションを大切に追究する生き方へとチェンジしてみましょう。