2013年12月21日

中 庸

全てを中庸に保ちましょう。

精神成長のことのみに限りません。

肉体を鍛えることのみではありません。

心をゆるめることのみではありません。

人に左右されてはなりません。

我意に執着してもなりません。

全てにおいて偏ってはなりません。

霊・心・体の調和が取れ全てが中庸であるとき、真実の己の姿が表れます。

それが悟りと知りましょう。

2013年12月20日

病気はすべて、まず精神の中で創られる

心配というのは、最悪の精神活動のひとつです。非常に自己破壊的な憎悪の次に悪いものです。心配は何の役にも立ちません。精神的エネルギーの浪費です。それどころか、身体を傷つける生物化学反応のもとで、消化不良から冠動脈血栓にいたるまで、さまざまな障害を引き起こします。

心配するのをやめれば、すぐにでも健康状態は良くなります。

憎悪はいちばん破壊的な精神状態です。憎悪は身体を毒します。そうなると、元に戻すことはできません。

不安は、あなたのあらゆるものと対立します。あなたの精神的、肉体的健康に悪影響を及ぼします。不安は増幅された心配です。

心配、憎悪、不安は、さらに、これらから生まれる気がかり、苦々しさ、短気、貪欲、不親切、批判、非難なども、すべて、細胞レベルで身体を攻撃します。そうなったら健康を保つことは不可能です。

同じく、程度の差はありますが、うぬぼれ、わがまま、欲張りも肉体的な病気につながります。あるいは快適さを損ないます。

病気はすべて、まず精神の中で創られます。

何もかもまず思考から生まれます。そうでないものは何もありません。考えは磁石のようなもので、結果を引き寄せます。

2013年12月19日

情熱を持っていることが大切です

情熱を失うことのないようにしましょう。

情熱を向けるものをお持ちでしょうか。

あるならば、その気持ちを大切にし、一心に取り組みましょう。

無いならば、まずはそれを探しましょう。

情熱を燃やすことこそ、己の魂を取り巻く不安、恐れ、心配、邪気、負の要素全てを燃やし尽くし、浄化に導く術(すべ)です。

2013年12月18日

ものごとに正邪はない

ものごとは、あなたがそう言うから、正しいとか間違っていることになるのであって、それ自体には正邪はありません。

「正しい」とか「間違っている」とかは、ものごとの本質ではなく、個人の主観的な判断です。

その主観的な判断によって、あなたは自らを創り出す。個人的な価値観によって、あなたは自分が何者であるかを決定し、実証します。

2013年12月17日

思い切って捨てる

モノを捨てるとその分必ず心が軽くなります。

思い切って捨てましょう。

掃除しましょう。

整理しましょう。

捨てましょう。

心はモノを捨てた分、確実に軽くなっています。