2013年09月29日

失敗はありません

もし、あなたが何かを決めたのにもかかわらず、それを迷ったり、怖くなったり、キャンセルしたくなるのは何故でしょう?

それこそが、[定義・解釈・観念]のせいです。損得感情、あるいは失敗への怖さという観念のせいで、せっかく湧いた意志を台無しにするのです。

しかし、過去においても、あなたは本当の意味で一度たりとも失敗などしていません。失敗とは【こういうことが失敗だ!】と[定義]する人たちにとってだけのリアルでしかないのです。

本当の意味で、生きることや体験することに失敗する人など誰もいません!間違いを犯してもいません!なぜなら、永遠無限のいのちを生きて体験していく中で、どんなことからも常に学ぶことばかりで、多くのことに気付いていくプロセスでしかないからです。

つまり、誰もが常に【何かを知っていく】のですから、失敗などありません。

あなたは、明日も生きていくし、その次の日も生き続けるのです。永遠に。そして、昨日よりも今日はもっと【気付いたこと】が多くあるし、今日知ったことよりも明日はもっと知っていくし、気付いていきます。だから、いつの日時も何一つ失敗でもないし、間違いでもありません。

あなたの過去のどの部分であろうと、それを消去して忘れてしまいたいなどと思わないで下さい。自分にとって[喜びではないもの]を知るから、逆に喜びとは何かが分かるのです。

あなたの素晴らしい体験はもとより、素晴らしくなかった体験(=愛や喜びが少ない体験)はもっと貴重だということです。それのおかげで、もう二度とそのような体験を選ぶ必要がないということに気付けたからです。それら全ての体験が、本当に敬意を払うに値するものなのです。

2013年09月28日

一期一会

今日あるものが、明日あるとは限らないのがこの世界です。しかしそれを経験したとき、私たちは「一期一会」という言葉の重みを真に実感するでしょう。

どんなときでも、これが最期かもしれない、という思いで取り組むことは、大きな力を与えてくれるでしょう。とはいえ、それで力が入りすぎてしまってもいけません。

とにかく自分にとって大切なことを見極め、それに対しては誠心誠意取り組むことが、後に悔いを残さないことにつながります。

2013年09月27日

豊かさ

豊かさとは、他から得ることではなく、他へ放出するものです。

豊かな思いや余裕の心が豊かな現状になってゆくのです。

豊かな人、富裕な人が持っているであろう意思を持ち、富裕な人が実践するであろうパターンを真似しましょう。できるだけ限界まで。

身体の癖を変えましょう。富裕な体質に慣れてください。

物もお金も英知も才能も既に持っている自分として発想し、言葉にし、振る舞いましょう。
「すでにある!」というバイブレーションに慣れることです。

2013年09月26日

「ありがとう」と伝える

死の場は、あなたという人生の完結の時間であり、大切な人への思いの継承の場です。

その完結と継承の言葉が「ありがとう」です。

最後の「ありがとう」は、社会が、終末期や死という言葉に持っているイメージや、一部の死の現場の雰囲気をより良い方向へ変えてくれます。

そして自分の死後、残された大切な者たちの悲しみも和らげてくれるものです。

2013年09月25日

日々感謝を持って生き、周囲に感謝を伝えていく

人の明日は完全には保証されていません。この瞬間の言葉が、最後の言葉になってしまうかもしれません。

大切な人に言葉を遺せず逝くかもしれません。だからこそ日々感謝を持って生き、周囲に感謝を伝えていくことはとても重要です。