2013年10月09日

モノが入るように、あなたの心のコップを空にしておこう

心が「空・カラ」ならば、あとは自然に何でも入って来ます。

自分の悩む思い、不安な気持ちで心がいっぱいであると、良い知恵も入ることが出来ません。

2013年10月08日

成功とは、真心を込めた真摯な態度で何かを“する”こと

人間の成功とは結果ではありません。

誠意を持って何かを「する・ing」行為が出来ることが、成功している人間なのです。

2013年10月07日

正しいか、間違えているか、などを分けない

とかく人間は、白黒を判定することを考えます。しかし、それは答えではありません。

真理の視点では、どれもが大正解に成るからです。

ムダな人生など存在しません。

日々の生活の中に在る、自分が感謝するべき歓喜に気付けないだけです。

2013年10月06日

不平不満を口にしない

多くの人は、言葉と気分というものが直接関係があるという大事なことに、正しい自覚をもっていません。絶対に消極的な言葉はつかわないこと。、否定的な言葉、悲観的な言葉は口から出さないことです。

「困った」「弱った」「情けない」「悲しい」「腹が立つ」「助けてくれ」「どうにもならん」というような言葉の充満している中に生きている私たちは、よほど気をつけないと、そういう言葉に価値のない感化を受けてしまいます。

ですから、周りがどうあろうとも、自分自身は絶対に消極的な言葉を使わないようにしなければなりません。

そこで、消極的な言葉を使わないようにするには、どうすればいいかといえば、どんなことがあっても、不平不満を口にしないことです。

不平不満が心のなかにあると、どうしてもその言葉が積極的になりません。不平不満のある人は、しじゅう上ばかり見て、下を見ません。人はみんな幸福で、自分だけが不幸な人間のように考えてしまっています。この考え方から出てくる言葉は、必ず未練であり、愚痴であり、価値のない世迷いごとだけです。

この世の中には、自分よりももっと気の毒な、哀れな人がどれだけいるかを考えてみないのです。

結局、人生は心ひとつのおきどころ、捉え方次第です。

暗い考え方でものを見れば、どんな場合でも喜びと感謝は感じられません。けれど、どんな些細なことでも感謝を先にして、喜びでこれを迎えたならば、この世界は黄金の花咲く爛漫たる喜びの花園になります。

だから、感謝を先にするということを忘れてはいけません。

2013年10月05日

日頃気をつけたいこと・・・

家はできるだけ清浄に保ち、食を正し、言霊を正し、親子の関係のあり方を正しましょう。

日本人にとっては家屋が大変重要な意味を持っています。この家屋の状態が家族の心に影響を与えます。掃除はできるだけ雑巾を使って手拭きすることが、家守りのオーラとなります。共働きなどで忙しい場合は、今日は玄関だけ、廊下だけと、どこか場所を決めて一部分だけでもするとよいでしょう。

毎日家中を掃除すると言うことはなかなかできません。
ですから、玄関の掃除、玄関ホールの床拭き、トイレ掃除だけは毎日しますと、心の中で神様とお約束しましょう。小さな事ですが、約束を守り毎日必ず続ける事を神様は喜び、認めてくださいます。

皆様も何でも良いですから、神様との約束事をお作りになられては如何でしょうか。

また、花を絶やさず、植物を配置することで、魂を癒してくれます。植物は枯れたら、また新しい物を飾ってください。

食べ物に関しては、極力加工品に頼らず、食材はできるだけ国産の物、地元の物を食べてください。そして自分で善し悪しを見抜くことができるよう、目を養わなければなりません。
店で売っているから安全だと手放しに受け入れるのは問題です。

食事は、極力手作りの物を、家族揃って感謝をこめ頂くことで家族の絆(気綱)は深まります。バラバラに食事をすれば、同じように心もバラバラになってしまうものです