2014年01月13日

与えるものが受け取るものです

自分のことでなくても、他者のことであっても、何かを悪く思ったり、悪く言ったり、よくないことを願ったりしてはいけません。潜在意識(宇宙)は自他の区別がつかなく思った通りに創り出すからです。

他者のことであっても、あなたが何かを祝福したり、喜んだりしていると、それをあなたのこととして潜在意識(宇宙)はあなたにその良い結果をもたらします。

与えるものが受け取るもの。投げかけたものが返ってきます。言葉や思考がマイナスのものネガティブなものにならないようにいつも注意しましょう。

2014年01月12日

すべての意味はあなたが与えているのです

すべての状況というものは中立的で、空白で、空っぽで、ゼロです。

どんな状況でもすでにその中に含まれている意味というものはありません。
すべての意味はあなたが与えているのです。

ある状況が自分にとっていいとか、悪いとか教えられたことによって、あなたが勝手に意味を与えているのです。だから中立的なことにあなたは意味を与え、その意味を与えた結果を、あなたは自分で刈り取ることになります。

肯定的な意味を与えてあげると肯定的な結果が出ます。否定的な意味を与えてあげると否定的な結果が出てきます。

起っていることから、すべての肯定的な意味を受け取るようにしましょう。
すべての状況はいつも肯定的な見方が出来ます。

状況自体が本質的に否定的であるということも、本質的に肯定的であるということも決してありません。

すべての状況から「意味を引き出す」のではありません。あなたが「意味を与えている」のです。
あらゆる状況を肯定的に解釈し肯定的な結果を引き出すことが肝要です。

そうすれば何が起こっても動揺したり不安になったりすることはなくなります。
つねに常に起って来る状況に肯定的な意味を与えましょう。

2014年01月11日

すべて肯定的に方向づけできます

どんな時でも、どんな状況でも、必ず理由があるんだということを理解できれば、そしていま自分の目の前で起きていることの理由を、自分で否定的に捉えなければ、すべての状況は、自分が学ぶための肯定的な状況になります。

それがわかると、どんな状況も自分にとって、痛みを伴った状況にはなりません。

自分の中で見つかったものも、すべて肯定的に方向づけすることが出来るんだということがわかったとき、何も怖くなくなります。恐れることがなくなったとわかったとき、すべてが喜びに満ちた状況になります。

思い込みを外しましょう。すべては捉え方次第です。

あなたがすべての出来事、事象に色づけしているだけです。

2014年01月10日

先のことを考えて不安を募らせないで「今」を生きる

悩んだところで解決はしません。自分の力ではどうしようもないこともあります。だったら無駄に悩んでいないで、今できることをやればいいのです。

一年後、二年後、十年後のことを考えて不安になるよりも、今日のこと、明日のことをしっかり考えましょう。

十年後の大きな夢よりも、今日できるワクワクすること、明日の小さな夢を大切にしましょう。

小さな夢を一つ一つ紡ぎながら毎日をすごしてゆく。それがいつの間にか、少しづつ大きな夢へと膨らんでゆくのです。

2014年01月09日

とらわれない、固執しない、枠を広げる

この世には絶対に正しいということはありません。時代により国(場所)によってもさまざまです。同じことをしても正しいこともあれば、正しくないこともあります。

自分の作った人生観、これまで人に教えられた人生観に固執し、これを変えることができないと、何か起こったときに心を傷つける感情が生まれます。仕事なども、自分はこの仕事でなくてばだめだなどという仕事はないのです。

何でも自分の考えを変えられれば、問題はないのですが、どうしても固執すると心を傷つける感情がうまれるのです。

「これでなくてはダメだ」などという考えはないのと同じように、「この意見は常に正しい」という意見もありません。

一つの考え、一つのやり方に捉われてはいけません。ある考えに捉われていると自由が効かなくなります。

そのことは結局私たちを苦しめるような結果になります。私たちは「正しい」と思うことに捉われがちです。何事にも捉われてはなりません。自分の考え方の枠をどんどん広げていきましょう。極限まで広げると、もうそこには何の問題もありません。平安と穏かさがあるだけです。