2014年09月17日

「今・ここ・わたし」を楽しむ

常に意識が未来にある人は、一見ヤル気に満ちているように見えます。しかし、実は今の自分にバッテンをつけて否定し、未来に思いを馳せていて、いつも渇望感でイライラしている人も少なくありません。

今を犠牲にして、未来に生きてはいけません。

毎日をワクワク、ハッピーに過ごしている人は、今で思考し、今を生きている人です。

明日は今日の延長であり、未来は今の延長です。

今をハッピーに生きていない人に、ハッピーな明日も未来も来ないのです。

未来に夢を託すことに逃げないで、「今・ここ・私」を最大限に楽しんで生きていきましょう。

今の気持ちが、未来を創っていくのです。

2014年09月16日

信じ切ること

神さまがうまくやってくれるから安心だ、と任せ切るのが信仰です。

これからもこれまで通りなんとかなる、うまくいくと信じ切る。神さまに全託する。

自分自身を100パーセント信頼する。

神様(宇宙)を100パーセント信頼する。

信じ切れば、全託できれば不安はなくなります。

2014年09月15日

どの年齢の時も今が素晴らしいと思えばいい

六十になっても、八十になっても、その歳の人らしい人間のおもしろさが出ていれば、その人はただ古びていっているだけ、とはならずなかなか味のある人間であり続けられます。

人は中年になり老年になっていくものですが、どの年代でもいつも今ある年齢が素晴らしいと思っていられれば生涯をとおして穏かに幸せでいられるものです。

要するに、今を受け入れて満足するということです。

2014年09月14日

あげるときには、「ただ」であげることが大切です

「自分が相手に与えたことは忘れずにいて、相手が自分に与えてくれたことは忘れる」というところから、人生の不幸が始まります。

「私は、これだけしてやったのに、相手は何もしてくれない」という思いが不幸の出発点なのです。

この「してやった」という気持ちのなかには、一種の人格的未熟さがあることに気づかなければなりません。あげるときには、「ただ」であげること、見返りを期待しないことが大切です。

特に心の問題はそうです。優しさや気遣いなど、人への愛は与えきりであり、一方通行だと思っていましょう。もし愛やお礼が返ってきたら、「得をした」と思えばいいのです。

世の中には恩知らずの数は尽きません。その恩知らずの中には、ほかならぬ自分自身も入っていることを忘れてはなりません。

「他人に何かをしてあげるときには、与えきりにして、それを忘れる。逆に、してもらったことは長く覚えておき、感謝していく」ということが大切です。

2014年09月13日

どんな人生にも必ず意味があります

経済的に困窮している人、挫折して再起できずにいる人、難病あるいは不治の病に臥している人、極度の鬱状態で自殺を念慮している人、心身のいずれか、または両方に重い障害を負っている人、身体の不断の痛みに呻吟している人、心の痛みや苦しみや悲しみに懊悩している人、人間関係や家族の中で疎外され孤独感に陥ってる人、その他さまざまな不条理、不運、逆境によって生きがいを喪失している人は、少なくないでしょう。

しかし、どんな人生にも必ず意味があります。
たとえ避けられず逃げられない事態に直面しても、その事態に対する態度のとり方によって、人生を意味に満ち、価値に輝くものとすることができるのです。