2014年07月01日

「否定的な言葉は絶対に使わない」と決める

自分がいつも使っている言葉が、自分の未来をつくっています。

「私にはできない」

「本当はしたいけど無理だと思う」

「ここまではできるけど、そこから先はありえない」

「きっとうまくいかない」

「OOが足りないからできない」

というような言葉を頻繁に使っていると、聞いているうちに、自分が「その気」になってしまうものです。

それを聞いているまわりも、あなたを「そういう目」で眺めるようになります。本人が「無理」と思っているのですから無理に決まっていますよね。

そして、「この人はできない」という意識が集まってきます。

他人がサラッと言った言葉ならともかく、わざわざ自分の言葉で自分の可能性を限定するのは本当にもったいないことです。

「言った言葉がそのまま現実になる」と思い、あえて余計な一言を言わないように注意しましょう。

2014年06月30日

五十代になったら次の転生に備えましょう

播いた種に応じて果実を収穫する。善い行いをした人は、善い報いを得る。悪い行いをした人は、悪い報いを得ます。自分のなしたことの結果は全部自分に降りかかってきます。

善い行いをする人は、人から好かれ、尊ばれ、祝福されて、喜びの中にいる自分を見出します。人を好きになると人から好かれるという報いを受けます。人にいつも優しくすると、その人が不運の時、または勢力がなくなった時、困った時に、良い果報が返ってきます。

今生、存命中に投げたものが返ってくるだけでなく、次生、また次に人として生まれた時に、前世の因縁の結果として、幸運、不運、チャンス、不遇等々の形になって、私たちの来世の人生を襲います。

だから四十歳を過ぎた頃から、そろそろこの生でなした宿題が次の生に影響してくることに気づき、五十になったら次の転生に備えた生き方をした方がいいでしょう。自分が人に与えた苦しみを許してもらいたいように、人が自分になした苦しみを赦してあげましょう。

この生の残り時間少ない中で、罪の荷を少なくし、罪の積み残しのないように。人々に善と良き行為をあげましょう。

2014年06月29日

「今・ここ・わたし」を愉しむ

常に意識が未来にある人は、一見ヤル気に満ちているように見えます。しかし、実は今の自分にバッテンをつけて否定し、未来に思いを馳せていて、いつも渇望感でイライラしている人も少なくありません。

今を犠牲にして、未来に生きてはいけません。

毎日をワクワク、ハッピーに過ごしている人は、いまで思考し、今を生きている人です。明日は今日の延長であり、未来は今の延長です。今をハッピーに生きていない人に、ハッピーな明日も未来も来ないのです。

未来に夢を託すことに逃げないで、「いま・ここ・わたし」を最大限に楽しんで生きていきましょう。今の気持ちが、未来をつくっていくのです。

2014年06月28日

今すでにあるものに感謝しましょう

今すでにあるものに感謝しましょう。

人生で自分が感謝できることを発見し始めると、感謝すべきことは次々に現われて、永遠に感謝したいと思えてくることに驚かされます。

先ず感謝することから始めなければなりません。すると「引き寄せの法則」がその気持ちを受け取り、同じものを、感謝せずにはいられないものをあなたに返してきます。

すると、あなたは感謝の周波数に完全に同調し、良きものの全てが、あなたのもとにもたらされます。

2014年06月27日

人生は心一つの置きどころ

人間というものは、その心の態度によって、運命や健康を、自己の欲するままに完全に創り出せるようになっています。

心が積極的か、消極的かという態度に応じて、宇宙はそれに順応して同じ状況を引き寄せ、その人の人生を良くも悪くもします。

このことが真に理解でき、常に心の態度を積極的に、平穏に保つことができれば何も特別な手段を施すまでもなく、健康も運命も完全になるようになっているのです。

まわりの状況がどうあろうとも、心を積極的に保って動揺することなく日々穏かに楽しく豊かに過ごして参りましょう。