2017年12月07日

見極める・・・

かつてと同じような苦しみに遭っているのでしょうか。

昔と同じ悲しみの涙を流しているのでしょうか。

以前と同じ胸の痛みを抱えているのでしょうか。

そのような苦しみと悲痛の輪廻から脱したいと思うのなら、自分に起こる事柄をよく見極め、知りつくさねばなりません。

底の底まで見極めれば、そこにある一切は自分の執着の心でしかないと気づくでしょう。

それがわかれば、もはや同じ苦しみと悲しみを繰り返すことはありません。

執着を棄てましょう。

2017年12月06日

ただ、そうあるだけです

「あの人に叱られた」「あの人に嫌われた」「あの人にハメられた」「あの人にフラれた」それは本当に事実なのですか?

実は、それはあなただけの定義づけであり、あなただけの個人的な世界、個人的な宇宙の中だけの話なのです。

すべての出来事、すべての体験、すべてのもの、すべての現実は・・・・。

ただ、そうあるだけです。

宇宙の本質、万物の本質は中立なる愛なのです。

だから、あなた独自の定義で意味づけしてもいい自由があります。

他の人も、他の人独自の定義で意味づけしていい自由があります。

2017年12月05日

どこでも何時でも幸せで居る

どんな状況、どんな出来事、どんな日でも小さな良いことは必ず見つかります。

いつもいつも小さな喜びは見い出せます。

どこでも、いつでも幸せで居られます。

悪いことばかりに意識を向けていては、人生は暗くなるばかりです。

あなたの精神が健康であるか否かを計る尺度は、どこにでも良いことを見つけられるか否かです。

2017年12月04日

身体を使って実践することが大事です

今の人は博識で、あれこれ考えるのが得意ですけど、案外それが悩みの原因になっているかもしれません。

つねによい結果ばかり求めて、行動しないで頭ばかり働かせていると、心や体はついていけず、物事は行き詰まるものです。

焦って結果ばかりを追い求めないように、心や気持ちにゆとりを持って今できることを実践していくことが大事です。

2017年12月03日

前祝い・前喜びすることが大切です

明日や人生をどうイメージしようと、どんな嫌な人生であろうと、そこに「祝福」「前祝い」「前喜び」という気持ちを投入すると、アッという間に軽くなります。

前祝い・前喜びをすることが本当に大切です。

私たちは今後いかなるときも、いつでも「前祝い・前喜び」をするという体質にならなければなりません。

その前祝いという喜びの体質で行うすべてのことは、結果において嫌な状況になることはないからです。