2015年03月16日

何かを成功させるのに何かをあきらめなくてはならない、ということはない

何かを達成したら、何かをあきらめなくてはいけない、というルールはありません。それは、その人自身がそう決めてしまっているからそうなってしまうのです。

二者択一ではなく両方を満たす選択もあります。「両方とも」というのは、わがままや欲張りとは違います。それがあなたの純粋な望みである限り、そこに純粋にワクワクすれば必ずそれら二つ共を引き寄せます。

引き寄せの法則に 「良い、悪い」 という基準はありません。あなたが、何に純粋な意識を傾けるかによって決まります。

2015年03月15日

他人と比べても意味がない

自分の基準は、その環境にいるからこそ通用するもので、一歩外に出れば、たったひとつの言葉でも自分とまったく違うように捉える人がいるものです。

知らないうちに 「自分たちの基準こそがいい!」と思い込み、それと合わない人を認められなくなっている人が案外多いものです。

自分の価値観が正しい、という基準で相手をジャッジしてしまうのです。

自分の世界の常識が、世の中の全員に通用することはなく、あなたが絶対に良いと思っていることを、相手が同じように思っているわけではないのです。

本人がそこに幸せを感じていればそれでいいのです。ということは、相手の好みも自分の好みもどちらも正解で、どっちもいいのです。

これがわかると、他人と比べるのはまったく意味がないことだとわかります。

2015年03月14日

自分の流れを信頼する

何らかの問題や悩みがあり、その解決方法が見つからない時、または、自分のやりたい事や目標が見つからない、決められないときは、そのときは無理に決めなくていいのです。

決められない、考えても答えが出ないときというのは、今が時期ではないから、というだけのことなのです。

時期が来れば、必ず自然と答えが出ます・・・・こういうときこそ、心をプラスの状態に維持して流れに任せるといいでしょう。

プラスの状態とは、自分のうれしいこと、ワクワクすることをイメージすること、穏かに今の状況に感謝すること、自分にとって必要なことしか起こらない、と自分の流れを信頼することです。

2015年03月13日

健康の秘訣

どんな場合があっても、揺るぎない山のごとく落ち着いた気持ちであり得るように、常に明るく朗らかに、生き生きとした心持ちでいることが大事です。

どんな場合があっても、自分自身の心を淋しがらせたり、やるせない気分にさせないこと。
心を本当にいたわって、大事にして、喜びや楽しみやほほ笑みを絶やさないようにしましょう。消極的なことは心に感じさせないようにしましょう。

心の状態は想像以上に身体に影響を及ぼします。安心は自然治癒力も高めます。

だから、どんな場合があっても、安心こそ、結局、健康の秘訣です。

2015年03月12日

柔軟な心

みんな神さまがやってくださること。気に入らないことは、業が消えてゆくんだと考える。

気に入ったことは、神さま有難うございますと感謝すること。

こうでなければならない、と考えたらいけません。

こうでなければならないというものはありません。

失敗すれば失敗したでいいのです。

失敗することによって、その人の心と魂は大きくなります。