2015年03月21日

今を楽しむ、今満ち足りていればいい

今日、目の前に起こることを、ひとつひとつ楽しみましょう。その「楽しむ波動」が次の「もっと楽しいこと」を引き寄せてきます。この繰り返しが、あなたの生活をつくっています。

楽しいことも、人生を好転させるようなハプニングも、すべて今のあなたが基本であり、今のあなたの延長線上にやってきます。

突然どこかから降ってくるように感じても、すべて、あなたの日頃の言動や目に見えないけれども積み重ねてきた思いなどの結果です。

楽しいことを引き寄せようと思うなら、あなたが「楽しい」と同じ振動数になればいいのです。
あなたが毎日「楽しい」という波動(気持ち)でいれば、「楽しい」ということがやってくるし、「つまらない」と思っていればつまらないことがやってきます。

毎日、小さなことでも満足していて、「満足」の波動を出していると満足な状況がいつももたらされます。喜びが喜びを、明るさが明るさを、愛が愛を連れてきます。

毎日、毎日 満ち足りていましょう。そうすれば、あなたの未来はいつも満ち足りているでしょう。

2015年03月20日

自分の狭い時間枠に囚われない

物事が成るタイミングというのは、人間の時間軸での「早さ」ではなく、それが一番効果的な時期に実現するものです。

「絶対、今じゃなくっちゃダメ!」と考えているのは、自分の狭い枠のなかの判断です。もっと大きく見たら、より最適な状態になるように、物事は動いていく、と宇宙の働きを信頼しましょう。

2015年03月19日

待てばいい・・・焦らないこと

どんなことでも、ただ待っているだけで、状況は確実に動いていきます。

何かが思っているように進まないとき、自分にできることはすべてやった(やっている)のに動きがないとき、それは「タイミングの問題」です。今は「その時」ではないだけです。

特に大きな事柄になればなるほど、そこにたくさんの人たちが関わっているので、それらの事情を全部合わせて、今はどこかに無理があって「進まない時期」なのです。

ということは、「ピッタリの時期」になるときもあるわけで、「その時」になるまで待てばいいのです。

「いついつまでに」という期限にこだわり過ぎていると、本当はあと少し先に実現するかもしれないのに、自分で終わりにしてしまっていることも多いのです。


「待つ」というのは「一番うまくいくタイミングになるために様子を見ている」というプラスの選択です。流れが悪くても進み続けることだけが頑張りではありません。そこで焦らずに淡々と様子を見るのも、頑張りの一つなのです。

2015年03月18日

なんでもかんでも即断即決しなくていい

今解決策のわからないものは放っておきましょう。

そして、それとは関係ない部分で、自分の心を明るい状態に保っていましょう。

自分の心をプラス寄りの明るい状態にもっていくのです。その状態が一定期間続くと、抱えている物事に新しい動きが起こったり、まったく気にならなくなったりするなど、結果的に、あなたの心にふさわしい状態に変化していくものです。

その変化の内容は、そのときのあなたが思ってもいないことかもしれません。結果の内容は宇宙にお任せです・・・・でも最終的に、自分の心と同じエネルギーのものを引き寄せるので、明るく穏かな楽しい波動で待機しましょう。

宇宙は自分に最善なことをもたらしてくれる、と信頼しましょう。

2015年03月17日

本当に必要なことは必ずもたらされる

あなたにとって本当に必要なことは、はじめの選択で違うものを選んだとしても、また別のときに再びその機会がやってきます。

そして、「だったら、はじめからそうすればよかった」ということもなく、遠回りに感じた期間も、あなたに必要な時間だったのです。

つまり、そうなったことにも意味があり、どこにも失敗はないのです。