2018年09月06日

「思い」は行い、肉体、環境、及びあらゆる体験の源です

私たちが思うことは、私たちの行い、肉体、環境および、私たちが手にするあらゆる体験の源です。

その源をきれいにしたならば、すべてのものがきれいになります。

きれいな心からは、きれいな人生ときれいな肉体が創られ、けがれた心からは、けがれた人生とけがれた肉体が創られます。

心の中で繰り返しめぐらされている思いは、それが良いものでも悪いものでも、その内容に応じた結果を、肉体内で確実に発生させているのです。

病気や健康は、環境同様、心の中でめぐらされる思いの明らかなあらわれです。

肉体は心の召使です。

肉体は、暗くけがれた思いにつきしたがい、病気や衰退へと沈んでいきます。

たのしく美しい思いをつねに抱きつづけ、健康と若さの衣を身にまといましょう。

2018年09月05日

今、幸せの中にいる

「幸せ」とは「何かを得る」とか「欲しいと思っていたものを手に入れる」ことではなく、「今の自分が幸せの中にいること、幸せの中に存在していること」を知ることです。

欲しいものを得たいとか、今以上の何かを得たいなど、自分以外の外に求めるものがあり、それが求められた、得られた、ということで「幸せ」を感じるならば、人生は実に苦悩に満ちたものでしかないでしょう。

幸せでない期間があるからです。思い通り得られないこともあるからです。

「得る」ことや「手に入れること」を考えている間は、本当の「幸せ」は手に入れることはないかもしれません。

2018年09月04日

幸も不幸も「私」のこころ次第

不幸も悲劇も存在しません。そう思う心があるだけです。

世の中はすべて「空」「中立」です。

同様に、「幸福」という名の現象も存在しません。

現象としてはすべて「空」「中立」です。

今の状態、今起っていることを「幸福」と思うか「不幸」と思うかは、すべて「私」の心しだいです。

幸も不幸も「私」のこころ次第

不幸も悲劇も存在しません。そう思う心があるだけです。

世の中はすべて「空」「中立」です。

同様に、「幸福」という名の現象も存在しません。

現象としてはすべて「空」「中立」です。

今の状態、今起っていることを「幸福」と思うか「不幸」と思うかは、すべて「私」の心しだいです。

2018年09月03日

「こんな状況に見えるけど、何か必ずいい意味があるに違いない」と考える・・・

あなたが意味を与えるまで状況はまったく意味がありません。

あなたが良い意味を与えることによって常にうまくいきます。

どんな状況も、すでにその中に本質的に決まっている意味はありません。

あなたが与える意味によって、そこから得られる結果が変わってきます。

ですから、あなたのハッピーな人生にとっていかにも矛盾して見えるもの(状況)でも肯定的な意味を与えることによって、それが障害に見えなくなります。

障害を見ようとしないで、「それは自分のハッピーな部分の延長なのだ、ただ、今の自分の目には、どのように肯定的なのかが、まだ見えていないだけなのだ」と思ってください。