2015年10月05日

受け入れる

大切なことは 「押さえつけないこと、拒否しないこと」 です。目の前のことを受け入れることです。

「ストレス」や「ウツ」も、状況を否定し、認めないから長引いてしまうのです。

社会から押しつけられた、マニュアルや信念、常識、社会通念などからいったん離れることが重要です。

あなたの人生には決まった使命や役目、目的があるわけではありません。人生には特別な目的はありません。あえていうなら、「人生のすべてが目的」です。すべてが大切で、すべてが価値があります。

外側がどう見えようと、すべて平等に価値があります。

生きることに特別な目的がないように、個人の人間にも特別な目的はなく、ただ自由な各自の選択があるだけです。

もし何か目的があったなら、それはあなたが「そう決めた」「そう選択した」だけのことです。

あなたに絶対的な目的があるということは、必ずそれに縛られるということでもあり、不自由です。しかし、自主的に縛られているなら、それは楽しい経験となるでしょう。

2015年10月04日

人生全体が心から生まれる

明日や未来はこれまでのあなた、今日のあなたの投影です。

今日、今、幸せで在ること。

今ここで、満ち足りて居ればいいのです。

今ここの幸せ。今ここの満足。

今ここの満足が、次の今ここの、明日の、未来の満ち足り感、幸せを引き寄せます。

明日の、未来の幸せを創造しているのです。

心の中の状態が、人生の色々な状態を生じさせているのです。

人生全体が心から生まれています。

あらゆる状況は、あなた次第で自由に変えられます。捉え方次第で自由に変えられます。

2015年10月03日

すべては心のあらわれ

すべては心のあらわれですから、心が汚れていればすべては汚れたものになります。

心がささくれだって荒れていれば争いが起こります。

心が苦しめば、どこに居ても苦しい世界です。

心が安らかであれば、どこに居ても安らかな世界になります。

優しい慈しみの心があれば、すべては清らかになります。

平安な心があれば、平安な世界で暮らすことができます。

慈しみの心さえあれば、生き方そのものがそのまま正しい生き方になります。

2015年10月02日

実践することが大事です

自分が寛大であっても、自分が優しくても、自分が親切であっても、寛大さを示す何かをしなければ、優しさを表す何かをしなければ、誰かに親切にしなければ、それは自意識をもてあそんでいるだけです。

思っているだけではいけません、実践することが大事です。

2015年10月01日

「既にそう成っている」と信念し感謝しましょう

正しい祈りとは、感謝することです。

現実に体験したいと考えることを、前もって神に感謝するというのは、願いが叶うと認めることです。

感謝とは神を信頼することです。

決して求めたりすがったりしないで、感謝しましょう。