2015年07月14日

今あるもの、既に持っている幸せを意識する

足りないものをあげつらうのではなくて、実は自分がどれほど恵まれているか、ということの方に意識を持っていってみてください。

どれほど自分がラッキーか、目が見えること、耳が聞こえること、口でものを食べられること、自分の足で歩けること、手で箸を持つことができること・・・・というように、自分がいかに恵まれているかというところに意識を持っていくと、自分がものすごく喜べる状態がどんどん増していきます。

足りないもの、持っていないものにばかり意識を向けないで、既に有るもの、持っているものに意識を向けているといつもいつも幸せいっぱいでいられます。

2015年07月13日

今、どう生きるか

今日、寝て起きたら、明日ではなく今日。
実は、私たちの目の前には、過去も存在していなくて、未来も存在していません。私たちの目が開いている間だけ、ずっと今日。

私たちの目の前には、「今日」の「今」しか広がっていないのです。
「今日」の「今」しか私たちの目の前に存在していないので、過去のことをああすればよかったと悔やんだり、永久に来ない未来に対して心配や不安を持って、そこにエネルギーを取られるという無駄なことはやめましょう。

「私」が今使えるエネルギーは、「今日」の「今」しか存在しないのです。

私たちは、過去、現在、未来という、とても長い時間・空間の中に生きているようですが、実は「この瞬間」だけを生きています。
だから、自分の人生について過去のどんなことについても悔やむことは無意味です。また、未来のことについて心配することも無意味です。

そこに使うエネルギーを、今目の前の人を大事にすることに使いましょう。

2015年07月12日

望むものに焦点を合わせよ

私たちがすでに現れたものに抵抗すると、結局、私たちの嫌いな映像に多くのエネルギーやパワーを注ぎ込むことになり、それらをもっと引き寄せてしまいます。

実際嫌なものはものすごい勢いで私たちを追いかけてきます。するとそれらの出来事や状況はさらに悪化するだけです。それが「宇宙の法則」だからです。

私たちは戦争に反対であれば、平和を願わ(思わ)なければなりません。飢餓を解消したければ、食糧が潤沢にある状態を願いましょう。

マザー・テレサは聡明でした。彼女は「戦争反対の集会」には出席しませんでした。「平和のための集会」には出かけました。彼女は「宇宙の法則」を理解していたのです。

私たちは自分の望まないものに抵抗したり闘争しようとして、そのことを思い描いたりしてはなりません。私たちは自分が焦点を合わせるものを創造します。

2015年07月11日

いつも口にしている言葉通りに成ってくる

その言葉が良い言葉か悪い言葉かに関係なく、その人が日常口にしている言葉通りに自分の環境・状況が引っ張られそのように成っていくように宇宙はなっています。
「辛い、悲しい、つまらない、いやだ、嫌いだ、疲れた」と不平・不満、愚痴、泣き言、文句、恨み言葉、憎しみ言葉、呪い言葉を、年間一万回言ったとすると、その言葉を来年は一万回言いたくなるようなことが自分に降りかかってきます。

同じように、「嬉しい、楽しい、幸せ、大好き、愛してる、ありがとう、ついてる」という言葉を一万回言ったとすると、その言葉をまた一万回言いたくなるようないい事ばかり自分の周りに起こってきます。

いつも、否定的なことばかり言ってる人は、これからは肯定的なことだけを口にするようにした方がいいですよ。

2015年07月10日

どんな問題もこれで解決

私たちが目の前の現象について悩んだり苦しんだりするのは、そのことを受け入れず否定をしているからです。
どんな問題も解決することができる方法があります。その方法とは、過去のすべてを受け入れること。現在のすべてを受け入れること。未来のすべてを受け入れることです。これで終わりです。

自分に起きたことやこれから起きることは、すべて自分が成長するために必要だ(った)と思うことです。

すべての現象を自分の色メガネで見たり、自分の思いどおりに変えようとしたりしないで、そのまま認めれば、楽に生きることができます。