2015年10月30日

ゆっくりしていましょう

自分の人生を、いつでも締め切りでいっぱいにして、人生の楽しみを締め出してしまうのは、実に愚かな自己懲罰です。

時間の切迫感が、私たちのパーソナリティーをがんじがらめにしていることに気づかなければなりません。

「生き急ぎ」しないこと。「せっかち」を捨て「ゆっくり」していましょう。

迅速な時間に動じない平然さ、泰然自若さ、のどかさを心に養っていきましょう。

2015年10月29日

「おかげさまで」という受け止め方ができるように

本当は、待ち望んでいたことがやって来た時よりも、困ることがやってきた時に、人間はより優れた人間になれるものです。

人の世には悲しみを通さないと、見せていただけない世界があるものです。

みなさんも、いろいろな悩み、苦しみ、心配ごとを持っておられるかもわかりませんが、そのことを経験した「おかげさまで」というような受け止め方ができるようになれると、そのことを通して、深みや優しさが増し人間性が高まってゆくのでしょう。

すべての事柄は、私たちを向上させるためのもの、と受け止めましょう。

2015年10月28日

要は接し方です。が、合わない人とは会わないこと

人間というものは、こちらが陰気に心を閉ざしていると、相手も同じように心を閉ざしてしまいます。逆にこちらが明るく心を開くと、相手も心を開いてきてくれるものです。

この世の中には悪い人間はいません。自分と気が合う人間と、気が合わない人間がいるだけです。

要は接し方です。

気が合わないときほど相手をほめてみること。そうすると相手も気分がよくなって話しかけてくれるし、自分もその気になって話も弾むはずです。

敵を好んでつくるものではありません。敵と思われている人を、どう自分の中で消化するかです。そうすれば、人生はもっと楽しいものになるはずです。

けれども、どうしても合わない人とはできるだけ会わないことです。

2015年10月27日

謙虚に生きて品性を高める

物質的に豊かになったからこそ、恵まれないところを振り返って謙虚に生きることを心がけましょうy。

「ありがたい」「うれしい」「おいしくいただける」という謙虚な気持ちを持ち続けることが大切です。

品性は、食べ物を贅沢にし、高級なものを身につけたからといって、備わるものではありません。また、高い学歴や社会的地位、肩書、業績などによって身につくものでもありません。

謙虚な生き方が、言葉やしぐさや人相としてそのまま表れ、その人の品性を高めます。

私たちは衣食の豊富さに見合った品性の向上に努めなければなりません。

2015年10月26日

あらゆることに気を遣うのをやめる

自分の心を広げ、許容量、寛容度をあげましょう。あらゆることに、気を遣うのをやめましょう。

多くの人は、自分の価値観の中に相手を連れてこようとして苦しみます。

その人の良いところも悪いところも踏まえた上で、そのまますべてを受け入れてしまえばいいのです。

「世の中には、そういう人もいるよね」と、自分の価値観を押し付けないで、何でも自分の思い通りにならなくても「気にならない人」に自分がなればいいのです。

相手を変える必要なんかありません。自分が「気にならない人」になったら、それですべて終わりです。