2015年11月07日

悩みは「裁き」から生まれる

苦しみが生じるのは、必ずそこに「頭による裁き」が入ってくるときです。どちらかを「マズイ」状態だと信じているからです。ですから自分を裁くか、相手を裁いて苦しむのです。そこには必ず一方的な物差しがあります。

例えば明るい性格を良いものとし、暗い性格を悪いとする判断は、他人から教わったものです。これはかなり暴力的な裁きです。明るい、暗いと比較すること自体が悪いのではなく、比較して「裁く」ことが苦しみになるのだと言っているのです。

暗さ自体は悪いことでもなんでもありませんので、その感覚を受け入れていれば自然に抜けていきます。にもかかわらず暗さを悪者にして否定するため、エネルギーがストップされて循環しなくなるのです。

その人が暗く見えるのは、暗い性格だからではなく、感情エネルギーがまわっていないだけのことなのです。まして暗い性格だけしか持ってない人など、どこにもいません。

他者との比較ではなく、自分の中だけの「比較による裁き」もあります。過去と今を比較し、どちらかを裁く。未来と今を比較し、どちらかを裁く。という自分自身の比較による裁きです。

「昔は良かったのに、今の自分が置かれている環境はダメだ」とか、「いつか必ず未来はこうあって欲しいなぁ。でも今の状態は最悪だ」という裁き。

裁いたものはもっと強くなっていくだけです。なぜなら裁くということは否定することになるからです。
「NO !」ということですから、その状態のエネルギーに「ストップ」がかかるということなのです。宇宙(現実)の循環にストップがかかるということなのです。

どんな状態も状況も、ただ素直にあるがままで感じ、受け入れていくと、循環し流れていきます。裁いてストップをかけるから、その状態が止まるのです。現実も状況もすべては単なるエネルギーです。

勘違いしないでいただきたいのですが、たくさんの否定的な考えや裁く思いを持っていることと、その人が本質的にダメであるということはまったく別のことです。

2015年11月06日

あなたが満ち足りた感覚でいるだけで・・・

あなたが満ち足りた感覚でいるだけで、あなたが安心していれば、あなたが満足していれば、あなたが喜んでいれば、あなたが感謝していれば、あなたが至福感に浸っていれば、そう感じさせてくれる状況が自然に展開されます。そういう現実があなたの前に開かれてきます。

どうすればそうなるとか、過程のことは宇宙に任せていればいいのです。どうこうして努力してそうなろうとする必要はまったくありません。

あなたが満ち足りた感覚でいるだけで、外側の世界に満足できるような状況がもたらされます。そうなった時の気持ち・感覚・バイブレーションを今出しましょう。

2015年11月05日

あなたの自由な選択です

起こってきた出来事や状況など、否定的に解釈すれば、否定的な結果に結びついていきます。肯定的に解釈すれば、肯定的な結果に結びついていきます。

苦しい考えや解釈を選べば(決意すれば)、苦しい感情のできごとが待ち受けています。
喜びと祝福にあふれた考えや解釈を選べば(決意すれば)、喜びと祝福の感情のできごとが待ち受けています。

喜びがいいことだから選びましょうと勧めているわけではありません。あなたの自由な選択なのですからシンプルに選択してください。

2015年11月04日

あなたの使命

あなたがあなたとして存在しているそのことが、あなたの使命です。

それ以外に、あなたに課せられた役目などありません。

ですから、どうぞあなた以外のものになろうとしないでください。

あなたは、あなたがワクワクすることをしてください。

あなたが苦しんだり、辛かったり、病気がちになっていたとしたら、それは、あなたの使命からはずれていることの証しです。

2015年11月03日

目の前の障害は固定観念を指摘するシグナル

それが嬉しいことであれ、悲しいことであれ、私たちは何かを目の前にしたとき、前後関係が断たれた「限られた事物・区切られた時間の中」に意味や価値を見い出そうとしてしまいます。が、本当は、そこには意味も価値もありません。ただ単に、そうだったのです。

これは、逆に言うと、このように言うこともできます。

現実に対してどのような意味や価値を付与するかは、すべて自己責任であり、また、そこには第三者が決して踏み込むことができない絶対的な自由がある、と。

精神世界では「世界は、自分の心の投影である」とか「世界は、すべて自分の思いどおりに形づくられる」などと語られますが、気づいてしまえば、それはとてもシンプルで明快な事実です。

なぜなら、あらゆる意味や価値は、対象にではなく、私たちのとらえ方にあるのですから。
とにもかくにも、自分の人生経験や生活習慣の中で身につけた固定観念(あらゆる決めつけ)は、想像以上に自分自身の自由を奪う足かせとなっています。

もしいま、あなたの目の前に障害があるならば、それはあなたの固定観念を指摘してくれるシグナルにすぎないのです。