2016年03月03日

意外な出来事を楽しむ

人生には不安定さがつきものです。私たちは完全に安定することはできません。
「絶対の安定」というのは存在しません。それを理解すれば、不可能なことをしようとして疲労困憊する必要はなくなります。

すべてのことを前もって計画する必要はありません。物事がどういうふうに展開するかを正確に予知する必要もありません。

人生をひどく限定された想像力の枠の中に押し込めるのをやめれば、突然の出来事は楽しい驚きとなり、人生の喜びとなります。

あなたは、子供の頃に意外な楽しみを発見したときの喜びを覚えているでしょうか?「人生には不安定さがつきものだ」という事実を受け入れれば、子供の頃の喜びは大人になっても経験できることに気づくはずです。

すべての出来事、状況は「学び」を与えてくれる機会です。

2016年03月02日

十人十色・・・受け入れる(人はみな違う)

他人の欠点を認めましょう。他人が自分と異なることを受け入れましょう。
それは他人が私たちと顔も姿も違うのと同じです。顔、姿が違うというのは、脳も違う、考え方、感じ方も違うということです。

潔癖というのは人間関係に関する限り決してほめたことではありません。

人は皆違い、皆異なった考え、感じ方をするものだと思って人と付き合うことが人間関係をよくする上でとても必要なことです。
人を批判し、悪いことを受け入れないということは本人の純粋性を示すものでもなんでもないのです。欠点を受け入れることのほうが純粋だといえるのです。

それはきれいな心で人を受け入れるということだからです。
潔癖は心の病だと思うほうがよいでしょう。それは最後には孤独地獄に陥る病なのです。一度孤独地獄に陥ると、もはやそこからあなたを救い出す人はいません。そうならないためにも、人を受け入れるという習慣を身につけることが大事です。

2016年03月01日

100時間考えるよりたった一歩の行動が人生を変える

「百聞は一見にしかず」といいますが、そのことわざには実は続きがあります。
「百見は一考にしかず、百考は一行にしかず」。

心では変化を求めているのに、考えたり想像したりしているだけでは何も変わりません。そんなときは、とにかく「行動」してみるべきです。

無理に大きく動く必要はありません。ボクシングの「ジャブを打つ」気持ちでエネルギーを送っていれば、必ず周りの何かに「作用」します。小さな行動が次の行動を呼び、波紋のように次々と変化が起こっていくでしょう。

もしもAかBかで迷ったら、少しでもメリットがあると思うほうへ動いてみましょう。
脳には「自分の行動を正当化する」働きがあるので、多少デメリットがあっても「これを選んでよかった」と思えるようになるはずです。

百回考えるより、まずは、一歩踏み出してみること、それをきっかけに新しい扉が開いて、思いもよらない世界が広がるかもしれません。

また、良いことを知っていても何もやらなければ何にもならず、現状は変えられません。

そして真に「学んだ」と言えるのは、生活や行動が変わっているということです。

2016年02月29日

正しい仕事とは・・・

周りを幸せにするには、「自己犠牲」が必要である。

そう思っている人もいるかも知れません。しかし、それは違います。
周りの人を幸せにして、自分も幸せになる。それが鉄則であり、両立は可能です。

自己犠牲では絶対に長続きしません。野球選手は球を投げ、画家は絵を描き、職人は物をつくる。自分も幸せで、周りにいる人も幸せです。そこには自己犠牲などありません。

自分の仕事を精一杯やって、それが周りを幸せにする。もし、一生懸命やると他人が不幸になるような仕事だとしたら、それは、正しい仕事ではありません。

2016年02月28日

投げかけたモノが還って来る・・・因果の法則

この世の中には、「因果の法則」があり、自分がしたことが返ってくるブーメランのような不思議な現象があります。

自分から放たれたエネルギーは、必ずどこかでなにかしらの影響を与え、その影響を受けたものは、反響となって、放たれたところに返ってきます。

人を助けると、必ず、助けられた人から感謝の思いのエネルギーが返ってきます。そして、その感動のエネルギーによって、あなたは宇宙に「徳」を貯金することになるのです。

貯金された「徳」は、あなたがその助けを必要とするときに、すかさず送り込まれます。それはいわゆる「人徳」というもので、それがある人は、どんな場面でも助けられるようになって、よい方向に導かれることになるのです。

人を助けるというエネルギーは、かかわる多くの人の魂に感動を与え、同じように人徳のある人を増やしていくことにもなるのです。

それが有償であれ無償であれ、あなたに余力や時間があり、サポートして力になってあげたいと思えることがあれば、すぐにその人の助けになってあげましょう。お返しはたとえその人から返らなくても、別のところから思わぬかたちで必ずお返しがあります。