2016年01月02日

「行為」を喜ぶ人になりましょう

人は、「結果を喜ぶ人」と「行為を喜ぶ人」の二つに分けられます。

結果というものは、どうなるかわからないのです。

結果よりも、行為を喜ぶことが大切です。そうすれば、何事も楽しく行えるのです。

楽しく行う行為は、ほとんど失敗なくできるものです。言うまでもなく、よい結果が現われます。

「結果を喜ぶ人」になると穏かな人生にはなりません。

2016年01月01日

「今」、幸福になる

「いま苦労すれば将来、幸福になるだろう」という考えには、幸福になる保証はありません。

「今」幸福になるしか道はないのです。いまの瞬間、幸福を見つける人は、次の瞬間も幸福にする方法を知っています。

その人は、長い苦労と引き替えにすることもなく、とっくに幸福になっているのです。

人は、その時の状況に関係なく幸福でいられます。

今、満ち足りていましょう。今、喜んでいましょう。今、幸福でいましょう。

そうすれば、生涯ずっと幸福でいられます。

2015年12月31日

いいことは、生きているうちに

人は「いいこと」をしたくないわけではありません。ただ、「今日は楽をして、明日から」という心が起きてしまいますから、なかなか「いいこと」を実行できないのです。

けれども、人はいつ死ぬかわかりません。「いいこと」は生きているうち(思い立った時)にやっておくことです。

だから「今」いいことをして、悪いことはしない。悪いことをどうしてもしたいなら、「いつかそのうち」やればいいのです。

2015年12月30日

瞬間瞬間を大切に

自分の人生で一番幸福だったのはいつでしょうか。逆に、一番不幸だったのはいつでしょうか。

そう考えてみると、人それぞれ、いろんな答えが浮かんでくると思います。

けれども人生には、大切な時間も、取るに足らない時間も、どちらもありえません。成り立たないのです。

人生をひとつの時間の流れでみれば、一秒一秒、ずーっと歳をとり続けているのです。今の一秒と過去の一秒は同格、同じ価値です。

この生きている瞬間瞬間が大切なのです。どんな一秒も、無駄にできません。

2015年12月29日

「明日」はどうなるかわからない

幸福というものは、いまの瞬間に得るべきものです。

「明日、幸福になろう」とか「将来、幸福をつかもう」と言う人は、ずっと幸福になれません。

そういう生き方(考え方)は、「いまの瞬間は不幸でもいい。今日は苦しんでもいい」ということです。

「明日」とか「いつか」というものは、どうなるかわからないのです。

「今、ここ」で幸せでいましょう。何も変えないで、何もしなくても、幸せは見つけ出せます。
私たちは誰も多くの恵み・豊かさの中にいるのです。