2016年02月14日

不安があってもやってみる

人生の中で、やりたいことが見つかるほど、素晴らしいことはありません。

人生を振り返ったとき、やって失敗したことではなく、やればできたかもしれないのに、やらなかったことが後悔になるからです。

新しいことにチャレンジするときは、ワクワクする気持ちと、ドキドキする不安感の両方があるものです。それはどこまでいっても、いつも両方あるものです。

先のことはわからないから、不安は誰にでもあります。ただ、不安だからやめてしまう人と、不安だけどやる人がいます。その違いが、人生の可能性の違いになっていきます。

人生で何を選んでいいか迷ったときは、自分が幸せを感じる方を、ワクワクドキドキする方を選べばいいのです。

いつもその感覚に飛び込んでいけば、それは天命に一番近い人生を歩いているということです。

2016年02月13日

人と比べず、自分の人生を生きる

このままでいいのかと不安になっているときは、たいてい周りと比較しています。

百人いたら百通りの幸せがあります。誰かにとっての幸せが、自分にとっても幸せだとは限りません。

はた目にはそう見えなくても、自分にとってイイ(幸せ)と感じているなら、それが一番イイのです。

あなたにとってそれが満足なら、それがあなたの天命なのかもしれません。

人と比べずに自分の人生を生きればいいだけです。

2016年02月12日

「思い込み」に振り回されない

「こうならなければならない」 「これを達成しなければ人生は失敗」だとか、そんなことは何もありません。

何をするか、何に成るかより、今の自分の在り方を大切にしましょう。

例え今、どんな職業で、どんな環境で、どんな現実が起きていたとしても、それに対して、どんな自分で居るのかということ、そして、そんな自分で、いつも「今」を生きることが大切なのです。

事は起きているのです。自分が何か、事をなしていると思いがちですが、事は起きているのです。

自分がやっているという感覚を手放し、起きていることを信頼して心を込めていれば、天はすべての人を、その人の天命通りにちゃんと運んでくれます。

2016年02月11日

宇宙の摂理に沿っていると、物事はスムーズに展開する

もう一度、基本に戻ってみましょう。

基本とは、私たちがこの世に生まれて来た誰もが共通に持っている使命、目的。

つまり、自分が周囲に何をしてあげられるか。自分が生きていることで、人をどう喜ばせてあげられるか、どう世の中の役に立つのか。

これは、神様が定めた宇宙の摂理であって、その道に沿っているときは、宇宙の様々な援助がもらえるので、物事がスムーズに展開していきます。

逆に自分勝手な都合や思惑で事を成そうとすると、色々な障害にあったり、期待が外れてしまうかもしれません。

いつも、人を喜ばせるために自分に何ができるか、という観点から物事を見ていれば、たとえ自分が今どんな状況にあったとしても、心が満たされ、不安も少なくなるでしょう。

2016年02月10日

すべての出来事は、あなたがよりよくなるために必要なこと

人生には、何一つ無駄も偶然もありません。あなたにとって一番必要なことが刻々と起きているだけです。

何をやってもうまくいかないと感じる時、それは、あなたが気づくための、一番いい方法を与えてくれているのです。

もし、すべてが思い通りになったら何も学べません。うまくいかないから、何がずれているのかと振り返れるのです。すべての出来事は、あなたがよりよくなるために必要なことばかりです。

だから、本当は、すべてはうまくいっているんです。