2018年05月04日

宣伝と真理は違います

多くの人は、カロリー計算をして何でもバランスよく食べれば、健康的な食生活だと思っています。

カルシウムは乳製品から、タンパク質は肉や魚から、小魚は骨を作る、果物は太るもの・・・


そう固く信じ込んでいます。

これらの間違った栄養学の考え方が、日本ではまるで宗教のようにいまだに信仰されているのは、この国が世界の栄養学の巨大な潮流に疎いという事実に加えて、様々な食品業界が国民の健康管理を行うはずの厚生労働省と癒着し、栄養学や医学界の権威を雇い、業界の利益を拡大するための宣伝をして、自分たちが損をしない情報を流し続けているからです。


ですから、現代人にとっては、宣伝と真理の区別をすることが死活問題になっています。


何でもかんでも宣伝を鵜呑みにせず自分で真実を見極めることはとても大切です。

2018年05月03日

際限はありません

今の考え、今の状況がどんなに「良い」と思っても、もっと良いことがあります。


自分の考え方、環境、宇宙観がどんなに素晴らしくても、もっと素晴らしくなれます。


だから、もっと開かれていましょう。もっとオープンでいましょう。


古い真実が心地良いからといって、新しい真実の可能性を閉(し)め出してはいけません。


心地良さのゾーンが終わるところから、人生が始まります。

2018年05月02日

否定的な想像、思いに発展させない


いろいろな状況に出会ったとき、あわてて今まで自分が学んできた定義づけで解釈しようとしないでください。


起きていることには何も意味がないということを思い出して特定の意味を与えないでください。



「どんな状況からも肯定的な結果が得られるのだ」ということを思い出し、信頼して、肯定的な結果を探し自分に引きつけてましょう。

2018年05月01日

幸福を、人生を、結果をコントロールするのは、「あなた」です!

まわりで起っている状況に対して、あなたがどのような意味づけをするか、どのような定義づけをするよう教えられてきたか、ということが、その状況からどのような形の結果を創り出すかを百パーセント決定します。

2018年04月30日

環境は「思い」から生まれる・・・

気高い思いは、自制の利いた穏かな生き方として、つづいて平和にあふれた静かな環境として姿をあらわします。

清らかな思いは、そのすべてが慈愛と思いやりに満ちた生き方として、つづいて明るい快適な環境として姿をあらわします。

勇気と信念に満ちた思いは、速やかに決断し、行動する生き方として、つづいて自由と成功と豊かさに満ちた環境として姿をあらわします。

活気にあふれた思いは、前向きで積極的な生き方として、つづいて喜びに満ちあふれた環境として姿をあらわします。