2019年08月02日

食習慣を見直す

脂やタンパク質の多い肉は、「極陽性」の食べ物で、食べると、からだが必要以上にカッカと熱くなってきます。

そうすると、アイスクリームやケーキなどが食べたくなります。なぜなら砂糖は「極陰性」でからだを冷やすからです。

この肉と砂糖の摂取でからだのバランスをくずし、食べすぎで太ってきます。

肉も砂糖も酸性食品で血を汚し、血液が酸化して血の巡りが悪くなって、ますますからだが冷えます。代謝が悪くなって、また太ります。また、多くの悪い病気を誘発します。

砂糖をたくさん使ったお菓子や肉を沢山食べる生活はよくありません。極力控えましょう。

野菜中心のおかずとご飯の一汁一菜、日本の伝統食、和食を食べて健康的な生活を送りましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。