2019年06月30日

力耕せば、吾(われ)を欺(あざむ)かず

表題の言葉は、陶淵明の詩「移居」の最後の一節です。

労働に励んでいれば欺かれないものだ、という意味です。

努力は必ずしもそのままのかたちで成果として現われることはないかもしれません。
しかし、努力したことはかたちを変えて必ず自分に返ってきます。

無駄な努力は一つもありません。

何か良いことならコツコツ続けていると必ずあなたの人生に恵みをもたらします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。