2019年04月10日

よく観察すると多くの恵みを頂いている

暗いところばかりを見つめている人間は、暗い運命を招き寄せることになります。

いつも明るく明るくと考えている人間はおそらく運命からも愛され、明るく幸せな人生を送ることができるでしょう。

九つまで満ち足りていて、十のうち一つだけしか不満がない時でさえ、人間はまずその不満を真っ先に口から出し、文句を言い続けます。

なぜ私たちは不満を後まわしにして、感謝すべきことを先に言わないのでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。