2019年02月25日

老化防止に本当に必要なものは・・・

病気になった時は、病気になった原因である悪い生活習慣を改善して、体の自然治癒力を最大限に発揮すれば、病気は自然に治ります。

健康は体重計や体脂肪計、血圧計の数値で測るのではなく、質を重視すべきです。
数値に目をとらわれると、健康の本質を見失ってしまいます。

寝たきりとボケの原因は、味覚を追求する現代人の添加物の多い食生活に原因があります。

高齢者向けの介護の充実は、高齢者に対して寝たきりやボケが高齢に伴う不可避の自然な生理的変化であるかのような暗示をかける結果になりかねません。

高齢者に本当に必要なのは、全身の細胞を活性化する正しい食生活を教えてあげることです。

生命力のある水を豊富に含んだ食べ物(野菜・果物{できれば熱処理されていないもの})を食べ物全体の70%は摂るように努力しましょう。

また、60代、70代と年齢を重ねるごとに小食にしましょう。

食を節制するほど老けにくい身体になっていきます。

とにかく、食べることを考えるのではなく、いかに食べないかをいつもいつも注意しましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。