2018年12月03日

受け入れておく

私たちは、自分が理解したことだけを正しいと思っています。なぜなら、私たちにとって「正しい」というのは、自分が同意したことをさす言葉だからです。

したがって、自分が理解できないことは、はじめのうちは「間違っている」と感じてしまいます。

前進するには、「わたしが{間違っている}と思ったすべてがほんとうは、{正しい}としたら、どうだろう?」と自分に問うしかありません。

優れた科学者は、そのことをよく知っています。研究がうまくいかないとき、科学者はすべての前提を捨てて、一からやり直します。偉大な発見はすべて、「正しくない」ことを怖れない意志と能力によって成し遂げられました。

長い間の思い込み、先入観、自身の固定観念、常識、枠に捉われないで、今、自分に理解できないことも、直ぐ否定してしまうのではなく、受け入れておきましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。