2018年11月10日

後世に何を遺すか・・・

後世に何を遺せばいいのでしょうか?

お金でしょうか?事業でしょうか?人材でしょうか?思想でしょうか?

「後世への最大遺物」という説話のなかで、キリスト教思想家の内村鑑三は、「真面目なる生涯」だと言い切ります。

これは、正義をまっとうすることです。

弱い者を助けるとか、修練して品性を高めたというような「高尚なる人生を生きる」ことです。

この実践こそが、最大遺物というのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。