2018年10月27日

返謝で感謝が完成する

感謝というものは、ありがたいと心で思うだけでなくて、ありがたいと思ったなら、その感謝の気持ちを、何かの形で社会に還元することが大切です。同じ人に返さなくてもいいけれど、できるだけ必ず返すことです。

同じような喜びを与えて初めて感謝が完成するものです。

つまり「返謝」(造語です)が大切です。

「感謝、感謝」と言って人からたくさん与えられるばかりだと、人々に返すことができなくなります。もらうことに慣れてしまうからです。

ありがたいと思ったら必ず返すことです。同様な喜びを人に与える。やさしさや知恵や助けをもらったら返すことです。

「返謝で感謝が完成する」と頭に入れておいて、できる限りそうしましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。