2018年06月15日

「善意の押しつけ」にならないようにしましょう

「熱い思い」が、いくら良いことだったとしても、それがあまりに前に出てしまいすぎると、いわゆる 「善意の押しつけ」になってしまいます。

他人が望んでいないことを、「これはいいことだから」と無理やりに押しつけるのはよくありません。

いくらそれが正しいこと、よい行い、相手のためになると思えることであっても、相手が嫌がっていることを無理やり勧めることは 「善意の押しつけ」になってしまいます。

人に勧めたり教えたりするときは、慎ましく、相手の気持ちをよく考えて行動し、独りよがりにならないように気をつけて、対人関係のマナーを守り、紳士的に相手に接しましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。