2018年06月07日

相手を生かすぬくもりのある言葉を使える自分でいましょう・・・


言葉ほど恐ろしいものはありません。

使い方を間違えれば凶器にもなります。

他人の運命さえ変えてしまうことがあります。

言葉を無機質なものにしてはなりません。

相手を生かし、自分も力づけられる、血のかよった、ぬくもりのある言葉を選びましょう。

そして、そういう言葉を使える自分であり続けましょう。

言葉には、そこに愛が込められているとき、起死回生の力があります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。