2017年02月25日

人生は心一つの置きどころ

講談社を創った野間清治氏は以下のように言っていました。

「万事万象、わが一心に存する。わが一心によってわが境遇ができるのだ。すべては私の影だ。心が歪めば世の中も歪むのだ。わが一心によって、世の中が良くも悪くも、楽しくも辛くもなるのだ」と。

心の持ちようが人生を決めます。

平安な心の人は平安な世界に住みます。怒りや憎しみ、不平不満・愚痴・泣き言の多い人はそのような世界に住みます。

尊い教えも聞く人によってまったく違ったものになります。

同じ状況を豊かな実りにする人もいれば、不平不満の種にする人もいます。すべては心一つの置きどころです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック