2016年08月31日

喜ばれるようにお金を使いましょう

お金は自分が役に立つように使ってもらうと大変喜びます。そして、自分たちを、喜ばれるように使ってくれる人のところへ仲間を連れて戻ろうとします。

だから、役に立つようにお金を使うためには、いかに喜んでもらえるかという使い方をすることです。

たとえば、一日に千人のお客さんが並んで入るようなラーメン屋さんでは、あなたの払っている六百円のラーメン代が、売り上げの千分の一でしかありません。

ところが一日十人しか来ないラーメン屋さんでは、あなたの六百円が、なんと十分の一の売り上げを占めるのです。


喜ばれ方が全然違います。

おいしい店、有名な店に並んでおいしいものを待って食べるというのは、自分さえ満足すればいいと思っている自我、エゴの塊りだけなのかもしれません。

お金は喜ばれるような使い方を続けていると、いつの間にかお金自身があちこちの財布で、ひそひそと話をするようになります。

「あの人の家に行くと、僕たちを喜ばれるように使ってくれるよ」

「そうか、じゃあ明日、ほかの家に行ったら、皆にその噂話をしてあげよう」

このように、みんながあちこちで話をしてくれ、あちこちでそのような噂話を聞いたお金達が、自らの意志でこの人の家に来ようとします。

あなたのもとへ、こうして沢山のお金が来たときは、「しょうがないなぁ」と言いながら、また自分の自我やエゴではなく、喜ばれるように使ってあげるようにしましょう。

こうしたお金の使い方をしていると、みんなが幸せになってきて、勝ち組とか負け組とか二極化もだんだんなくなって来るかもしれません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック