2016年08月15日

今より幸せになりたいのなら・・・

運を良くして、幸せになりたいと思ったら、まず顔にツヤを出し、キラキラ光るものを身につけること。そして、天国言葉といわれる、誰が聞いても嬉しくなったり、楽しくなったりする言葉を話すことです。

顔は外側からやってくる幸運を受け取るパーツなのです。つまり、自分の努力や力でなにかをつかむのではなく、あなたが逢った人やあなたの身に起こった出来事から、努力なしで「いいこと」を受け取るためのところ、幸運のきっかけをつかむところなのです。

顔は他者に向けて存在するものであるからこそ、どういう顔をしているかが「いいこと」を受け取るか否か、運が開けるかどうかに大きく影響します。

あなたが美人か不美人か、しみやしわがあるかないかということと関係ありません。

重要なのは、「幸運の女神が寄って来る顔かどうか」なのです。

そして、それはどんな顔なのかというと「輝き満ちて光っている顔」です。光る顔をつくると、なぜか急に運気がアップします。

お金や幸運は、きらきら光るものに引き寄せられます。

ネックレスでもペンダントでも、ブレスレットでも指輪でも構いません。宝石なども別に本物でなくてもかまいません。

一度言った言葉はもう一度それを繰り返して言わなければならないように現象を動かします。

「ありがとう」「感謝します」というと、もう一度「ありがとう」「感謝します」と言いたくなるような現象が起こってきます。

だから、不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句を言わず、「ツイてる」「恵まれてる」「ありがとう」「感謝します」「幸せだなー」「許してあげます」などの言葉だけを使いましょう。

以上のことを、累積納税日本一の斎藤一人さんが以前よく話されていました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック