2016年04月10日

悟るとどんな心境になる・・・?

「勤勉な生活を楽しみ、堕落した生活に恐れを抱く者が、堕落していくことは有り得ません」

「その者は、それがすなわち既に、涅槃(ねはん)つまり、絶対安心の心境の「手前」にいるのです」。

悟ればどうなるのか? 悟ればどんな心境になるのか? という疑問に対してお釈迦さまは、こう答えています。

簡単すぎる言葉のように見えますが、これが逆に悟りの真相を描写しています。

普段に勤勉な生活をしているからこそ、数日間のノンビリした生活がほんとうに楽しめ、普段が粗食だからこそ、たまのご馳走が美味しいのです。

すなわち、この世は何かを節制し、我慢をしている状態こそが、一番良い状態であるということを知っておいてください。

何かを我慢することをカッコ悪いとか、自己嫌悪することをやめましょう。

その最中・ingこそが、実はすでに悟りに隣接しているのです。悟れば、実は面白くないのが真相です。最高の境地は、その「手前の今」にあるのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック