2016年02月23日

不快にならないために、いつも「あるモノ」に意識を置いてください

「人間の心」は、本当に便利な探知機です。探知機であり、報知器です。

「嫌な気分」が発せられている時は、いつだって、「無いもの」を探している時。「無いもの」を見ている時です。

「良い気分」が発せられている時は、いつだって、「在るもの」を見ている時、「在るもの」を感じている時です。

「不足」に目を向ければ、嫌な気分になり、「充足」に目を向ければ、良い気分になります。

いま、あなたはどんな「気分」なのでしょうか?

例えば嫌な気分だったとしたら。その時、意識して180度反対の「在るもの」を見て(意識して)みましょう。

自分が、既に持っているもの。自分が既に、達成したこと。自分が既に、出来ていること。

それだけで、心は「良い気分」を発するようになります。ただの報知機だからです。

いま、【有る】か【無い】か、どちらを見ているかの違いだけなんです。

【無い】

もっと、お金がほしい(今は無い)

嫌な上司がいる(良い上司が無い)

頭がいたい(健康な身体が無い)

ご飯がまずい(美味しいが無い)

部屋がせまい(広く無い)


【有る】

既に貯金が50万円は有る

優しい同僚が居る

健康な腰が有る

ご飯が食べれている

住む場所がある


どんな瞬間であれ、どんな場所であれ、そこに「人間」という探知機を置くと、ソイツは、【ある】方面を見ているか、【ない】方面を見ているかを、「感情」で知らせてくれます。

そして、そんな人類へ、朗報です。

【無い】を見ている時は、嫌な気分になりますが、そもそも【無い】なのだから、無いのです。

安心出来ましたか?

無いもの(通称:マボロシ)で、不必要に不安にならないでくださいね。

【無い】んだから。

以上のようなことを、さとうみつろうさんがブログで言っておりました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック